1. TOP
  2. ICO
  3. Abyss(アビス)のICOがDAICO採用で注目!登録&買い方を紹介
line@

Abyss(アビス)のICOがDAICO採用で注目!登録&買い方を紹介

ICO この記事は約 7 分で読めます。
Abyss

Abyss(アビス)というビデオゲームの次世代のデジタル配信プラットフォームのICOが3月から開始されます。

またAbyss(アビス)では、DAICOという調達された資金を不正利用などから守る為のプラットフォームを採用した世界で初めてのICOということでも話題になっています。

事前登録者が6万人以上と増え続けているAbyssについて、はまっちもICOへの参加検討も含めて、紹介制度なんかもあることから、調べてみた情報をまとめてご紹介しています。

※2018年2月12日時点の情報です。

ジャンル ゲーム関連
公式サイト https://www.theabyss.com/
bitcointalk https://bitcointalk.org/index.php?topic=2526681.0
テレグラム(14693人) https://t.me/theabyss
twitter(4811人) https://twitter.com/theabyss
facebook(8056人) https://www.facebook.com/theabyss/
スポンサーリンク

Abyssとは?

ゲーム大会などで賞金を懸けて順位を競うe-Sportsが世界中に広がっていて、「 新しいスポーツ」として認められています。

オリンピック種目として選ばれる可能性も浮上しているほどです。

そんな盛り上がっているゲーム業界で、開発者とゲーマーたちを結びつけてより活性化させる為に立ち上がった次世代のデジタル配信プラットフォームです。

ゲーム関連のプラットフォームとして、はまっちが知っているものでは、Steamが有名ですよね。

ゲームのダウンロード販売や、ユーザーや開発者との交流ができる、世界規模のゲームコミュニティプラットフォームです。

Abyssでは、Steamのような従来のゲームコミュニティプラットフォームの機能以外に、ブロックチェーン技術を使うことで、下記のようなシステムを開発しようとしています。

Abyssの公式サイトを翻訳したものです。

他のプラットフォーム(Steam、Origin、GOGなど)とは異なり、The Abyssは画期的なモチベーションとマルチレベル紹介システムを備えており、ゲーマーはゲーム内や社会活動やその他のゲーマーの支払いを得ることができます。The Abyssに参加することで、開発者はマーケティング費用を削減し、プラットフォーム上の他のゲームで紹介された支払いから余分な収入を得ることができます。

ちょっとわかりにくいですね。

僕の中での理解としては、ゲーマーたちはゲームを利用(レビュー)したり、紹介することで、Abyssが発行するトークンを報酬としてもらえます

そして開発者は、プラットフォーム内でゲーマーたちに宣伝してもらうことで、これまで行ってきた雑誌やテレビCMなどへの高い宣伝広告費を削減できます。

この仕組みがうまく動き出せば、Abyssのプラットフォーム内でトークンがグルグルと流動して、開発者とゲーマーのどちらも大きなメリットを受けることができます。

abyssの仕組み

マルチレベル紹介プログラムあり

Abyssのプラットフォームが成功するカギは、開発者を集めることよりも、協力をしてくれるゲーマーや一般ユーザーをできるだけ多く集めることです。

その問題を解決するために作られたのが、マルチレベル紹介プログラムなのかなと思います。

マルチレベルということで、直接紹介した人以外に、その下の方(4階層)が紹介した報酬も、紹介された人がAbyssのトークンを購入することで、4%~1%分もらるということです。

紹介する側としては、メリットが大きいので積極的に宣伝されて、利用者はどんどん増えると思います。

実際、下記のように6万人以上が登録しており、ICO実施する時にはもしかすると10万人くらいまで増えているかもしれません。

abyssの紹介プログラム

その反面スパムっぽい方法で宣伝をする人も増えると思うので、マイナス面への影響も多少はあるかもしれませんね。

はまっちは紹介プログラム自体に抵抗感はなく、むしろ参加者が増えれば増えるほど、仮に上場した時のキャピタルゲインも期待できそうなので、いいかなと思っています。

DAICO採用でICO参加者が増えるかも!?

AbyssのICOでは、イーサリアムの創業者Vitalik Buterinという人が考えて開発された、ICOで集めた資金を管理するためのDAICOというプラットフォームを世界で初めて採用しています。

ICOで集まった資金は一旦DAICOで管理され、プロジェクトの進行具合に応じて、必要な資金を分割して引き出すことができるようになります。

反対にプロジェクトが進行していなければ、せっかく集めた資金を引き出すことができないというわけです。

ICOで資金を集める側からすれば何のメリットもないように思えます。

ですが、トークンを購入しようかと検討している側からすれば、投資したお金を持ち逃げされるというリスクが減ります。

また、DAICOを採用したICO企業への信用度も高まるので、結果的にはICO参加者が増える可能性が高くなるのかなと思います。

Abyss側は公式サイトのもっとも目に留まる箇所に、世界で初めてDAICOを採用したICO案件であるというのをしっかりとアピールしていますし、このあたりは上手いですね。

Abyss

AbyssのICOに関する評判は?

海外の評価サイトでの評判はどのような感じなのか見ていきましょう。

※2018年2月12日時点の情報です。

ICObench 4.5/5(4人の専門家による評価)

ICObench

4人が採点をして平均で4.5という高評価となっています。

4人からの評価ということで注目度としてはそこまで高くないのかもしれませんが、ICO案件として安心はできそうかなと思いました。

Track ICO 4.4/5.0

Track ICO

ICORating

ICORating

あと、Abyssの公式テレグラムは登録数が1万人以上で、フェイスブックやツイッターでは数千人がフォローされており、注目度としてはそこそこ高いのかなと思いました。

AbyssのICO情報

暗号記号 ABYSS
参加可能通貨 イーサリアム(ETH)、バイナンスコイン(BNB)
最低購入額 0.1ETH
トークン価格 1ABYSS = 0.24USD
ソフトキャップ 6,000,000USD
ハードキャップ 40,000,000USD
募集期間 2018年3月7日~2018年4月7日

ボーナス特典

2018年3月7日~3月9日 25%
2018年3月10日~3月14日 15%
2018年3月15日~3月21日 10%
2018年3月22日~3月28日 5%

ABYSSの購入を検討される場合は、早い時期に購入した方がトークンボーナスが多くもらえるのでお得です。

Abyssの事前登録の手順

ICOの参加には事前登録が必要ですので、手順をご紹介します。

1.【ABYSSの公式ページ】にアクセスして、【REGISTER NOW】をクリック。

ABYSSの公式ページ

2.下記のような画面が表示されましたら、以下の手順に沿って進めてください。

登録フォーム

①メールアドレスを入力

②8文字以上の大小文字の英字や数字を含めたパスワード

③再度パスワードを入力

④ボックスにチェックを入れる

⑤ボックスにチェックを入れる

⑥【CREATE AN ACCOUNT】をクリック

 

3.確認メールが届きますので、【Yes,activate my account】をクリック。

確認メール

4.ログイン画面が表示されましたら、登録したメールアドレスとパスワードを入力し、ボックスにチェックを入れて、【LOGIN】をクリック。

ログイン画面

下記のような画面が表示されましたら、登録完了です。

Abyssのアカウントページ

ABYSSの公式ページはコチラ>>

まとめ

AbyssのICOで資金集めが成功すれば、今後もDAICOを採用するICO案件は増えるかもしれませんね。

あとAbyssの上場情報については何にも書かれていませんでした。

ただ今回のICO受け入れ通貨としてバイナンスコイン(BNB)が入っていますので、もしかすると最初の上場先がBINANCEという可能性もありそうですね。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

Abyss

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア