1. TOP
  2. ICO
  3. Arbitao(アービタオ)の仮想通貨・ICOとは?アービトラージの利益分配やステーキングなど報酬システムが魅力!
line@

Arbitao(アービタオ)の仮想通貨・ICOとは?アービトラージの利益分配やステーキングなど報酬システムが魅力!

 2018/07/25 ICO この記事は約 12 分で読めます。

アービトラージに関連したプロジェクトのICOが実施されます。

アービトラージに関しては前から興味があって、日本ベースの仮想通貨自動売買アービトラージツールを15万円くらいで買って、失敗した経験もあるくらいです。

そこでArbitaoについて調べてみると、今まで聞いたことがない、アービトラージとブロックチェーンを組み合わたプロジェクトで、しかもプロダクト自体は完成して稼働済みとのこと。

かなり面白そうなプロジェクトだと思いましたので、今回はArbitaoがどのような仮想通貨のプロジェクトなのか、公式サイトなどから、僕の中で理解した内容についてまとめておきました。

ちなみに現在エアドロップも行われていて、登録するだけ1000円相当のトークンがもらえますので、ぜひチェックしてみてください。

まず注目ポイントは以下の通りです。

  • 分散型アービトラージシステムを開発中である
  • プロダクトは完成していて稼働している
  • 予算の少ない初心者トレーダーでも利益が出る
  • トークンホルダーには報酬システムがある

※2018年7月25日時点の情報です。

公式サイト https://www.arbitao.com/ja/
テレグラム(9189人) https://t.me/arbitaochat
テレグラム:日本語の公式コミュニティ https://t.me/arbitaoja
twitter(2074人) https://twitter.com/arbitao
facebook(577人) https://www.facebook.com/atao.arbitao
スポンサーリンク

Arbitaoとは?

初心者トレーダーや予算が少ない投資家でも、低リスクで収益を得るために作られたアービトラージ取引プラットフォームです。

そしてプロジェクトの最終目標は、完全分散型のアービトラージシステムを完成させて、透明性と報酬率が高いアービトラージ取引を実現させることです。

アービトラージとは?

2つの取引所間の価格差(スプレッド)を利用したトレード法です。

例えばビットコインの価格が安い取引所で購入して、ビットコインが高い取引所で売却するので、理論上はほぼノーリスクで資産を増やすことができます。

以下のArbitaoのプロジェクト紹介動画は、日本語の字幕が付いていますので、イメージしやすいと思います。

アービトラージの問題点

アービトラージは一見いいことだらけのトレード法に思えますが、初めての方が行うには、以下のような手間やリスクがあります。

  • 複数の取引所の口座を開設する必要がある
  • 取引所内に資金を入れておく必要がある
  • 情報収集に手間が掛かり利益を出すのも難しい
  • 自動売買ツールは高額で見極めが困難

特に仮想通貨市場が低迷している状況だと、僕もそうでしたが初心者の方はトレードで利益を上げるのが難しく、アービトラージの自動売買ツールなどに目が行きがちです。

ですが日本ベースの自動売買アービトラージツールやプログラムの場合、価格差を比較している取引所数が5社などと少ないことから、大きな価格差にならず稼働しない、というケースがあるので注意が必要です。

言い換えれば、アービトラージは初心者の方が簡単に利益を出せるほど甘くはないということです。

Arbitaoのアービトラージの特徴

Arbitaoでは、ユーザーがアービトラージを行うわけではありません。

投資金額に応じて4つのプランが用意されていて、その中から希望のプランを選びます。

そして、複数の投資家から集まった資金を元に、アービトラージの運用を代行してもらいます。

手始めとして、完全自動化されたアービトラージソフトフェアで、19社の取引所の中から最適な価格差でトレードされます。

得られた毎日の利益はドルで担保され、運用期間終了後に支払われるというシステムです。

ちなみにプランによって異なりますが、月利15%~最大22.5%が見込めると予想しており、仮に100ドルで運用した場合、240日後には220ドルの報酬がもらえるという計算になります。

このようにアービトラージの問題点として挙げた、手間やリスクを負う必要はないということです。

しかもアービトラージシステムは進化していき、ブロックチェーンを活用することで、以下の3つのトレード法によるアービトラージを実現させることで、さらなる高い収益を実現を目指しています。

  • アービトラージペア取引
  • 同時ショート・ロング戦略
  • アービトラージチェーン取引

リクエストとレスポンスの間に生じる遅延対策も万全

アービトラージの収益性に大きな影響を与えるのが、リクエストとレスポンスの間に生じる遅延です。

Arbitaoでは、このような遅延を少なくするために、高速サーバーを実装するなど対策も行われています。

そしてネットワークの分散化が実現されると、市場データの取得→注文→執行の速度がさらに高速になり、競合他社よりも収益性の高い取引が可能になります

ATAOホルダーへの報酬システムあり

ArbitaoのICOに参加したATAOホルダーには、いくつかの報酬システムが用意されています。

アービトラージの利益分配

アービトラージで発生した利益の80%を、ATAOトークンの保有数に応じて分配されます。

ステーキング

ATAOトークンでは、PoS(Proof of Stake)という承認システムを採用しています。

ステーキングというATAOのブロックチェーン上で発生するトランザクションの承認作業を行うことで、報酬としてATAOトークンがもらえます

ステーキングを行う方法は簡単で、ATAOウォレットをインストール後にATAOトークンを入れて稼働させておくだけです。

ステーキング報酬は、早く参加すればするほど金利が高く、一番初めの月は月利5%で、その月以降は報酬が下がっていき、2年後には年間7%で固定されます。

ちなみに、ステーキングが行えるようになるATAOウォレットのプロダクトも完成済みで、ICO終了後すぐにダウンロードできる予定ということで楽しみですね。

クラウドコンピューティング機能

多くの仮想通貨や取引所の中からリターンの高い情報を見つけてアービトラージを行おうとすると、より複雑なアルゴリズムとなり、大きなコンピューティングパワーが必要になります。

そこでATAOウォレット内にクラウドコンピューティング機能を導入して、コンピューティングパワーを提供してくれる人に、報酬としてATAOトークンが提供されます。

こちらは2020年くらいに導入予定となっています。

Arbitaoのロードマップは?

2018年第3四半期

ICOおよびプラットフォームのローンチ

2018年第3四半期

TAOx 内部取引所の開設

2018年第4四半期

同時ロング・ショート戦略

2018年第4四半期~2019年第4四半期

クラウドコンピューティングを介したアービトラージチェーン取引

2019年第3四半期~2020年第4四半期

完全分散型のアービトラージ取引

2016年からプロジェクトがスタートして、2017年にはバックテストが開始され、3000人以上の第一期コミュニケーションメンバーとテスト済です。

そしてアービトラージソフトウェアやATAOウォレットのプロダクトは完成しています。

最終目標である、完全分散型のアービトラージシステムが完成するのが、2020年となっています。

現時点でサインアップ後には自動取引プラットフォームにアクセスでき、ダッシュボード内でライブトレードの確認ができるというのは安心できますね。

実際に確認してみると、秒単位でアービトラージが自動売買されていて、1分間にどのくらいのアービトラージが行われているのか確認してみると、なんと46回(1.3秒に1回のペース)も行われていました。

ライブトレード

またICO終了後にはステーキングも行える予定ということで、すぐに報酬が発生する仕組みが準備されているのは嬉しいですね。

Arbitaoの評判は?

海外の格付けサイトでチェックしてみたところ、高い評価はされていませんが、悪くもないという印象です。

アービトラージというトレードに特化したプロジェクトで、一般的なICOと比べると興味を持つターゲット層も狭いと思いますので、こんなものかなとは思います。

Foundico 4.7/10
TrackICO 3.3/5

あと、公式SNSのフォロワー数をチェックしてみると、テレグラムでは9000人以上のフォロワーがいるんですね。海外のフォロワーが多く、かえって安心感があるような…。

ArbitaoのICOについて

暗号記号 ATAO
総発行枚数 800,000,000 ATAO
参加可能通貨 BTC、ETH、LTC、BCH、DASH、XMR、BTG、XRP、Z CASHなど
最低購入額 100USD
トークン価格 1ATAO =0.1USD
ソフトキャップ 200,000 USD
ハードキャップ 480,000 USD
募集期間 2018年7月22日~8月7日

プレICOセールは、2018年7月22日からスタートしていて、早く参加するほどボーナスが多くもらえる仕組みです。

販売枚数 ボーナス ラウンド開始日
10,000,000 40% 7月22日~7月23日
15,000,000 35% 7月24日~7月25日
20,000,000 30% 7月26日~7月27日
25,000,000 25% 7月28日~7月29日
30,000,000 20% 7月30日~7月31日
40,000,000 15% 8月01日~8月03日
60,000,000 10% 8月04日~8月07日

また、エアドロップキャンペーンが実施中で、100 ATAO(日本円で1,000円相当)が付与されます。

ただしエアドロップの配布上限は、2,000,000ATAOということで2万人限定なので、エアドロップがほしい人は早めに登録しておきましょう。

Arbitaoのエアドロップへの参加、 トークン購入の方法

エアドロップを受け取るにはアカウントの登録が必要ですので、手順をご紹介します。

アカウント登録の手順について

1.以下のページにアクセスして、【今すぐ登録して100ATAOを受け取る】をクリック。

Arbitaoの公式サイトはコチラ

 

Arbitao公式サイト

2.さらに下にスクロールして、【今すぐ登録して100ATAOを受け取る】をクリック。

今すぐ登録して100ATAOを受け取る

3.サインアップ画面が表示されますので、以下の手順で進めます。

サインアップ画面

①ユーザー名(例:tarotaro)

②メールアドレス

③パスワード(8文字以上の大小英字と数字を混ぜたもの)を入力

④再度パスワードを入力

⑤ボックスにチェック

⑥【今すぐ登録して100ATAOを受け取る】をクリック

4.登録したメールアドレスに確認メールが届きますので、【メールをご確認ください】をクリック。

確認メール

5.ログインフォームが表示されましたら、登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインして、ダッシュボード画面が表示されば登録完了です。

Arbitaoのアカウント画面

以下のように100 ATAOが反映されています!

100ATAO

トークン購入の手順について

1.左メニューから【投資】をクリック。

投資

2.【ATAOを購入する】をクリック。

ATAOを購入する

3.下にスクロールすると購入フォームが表示されますので、以下の手順で進めます。

購入フォーム

①支払に使う仮想通貨を選択

②以下の指定されたアドレス宛てに送金すれば完了です。

Arbitaoの公式サイトはコチラ>>

まとめ

既にプロダクトが完成して稼働しており、ライブトレードを確認してみた限りでは、確かにプランによって異なりますが、月利15%~最大22.5%という数字は達成できそう感じがしました。

またATAOホルダーは、アービトラージによる利益配当やステーキングなどで報酬が受け取れるということで、上場後に一気に売られて価格が下落する可能性も低いのかなと思います。

プロジェクトも着々と進められていて、次世代型の分散型アービトラージシステムはかなり現実味がありそうな気がしました。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア