1. TOP
  2. 取引所
  3. Bibox(ビボックス)の登録方法&2段階認証&本人認証の手順
line@

Bibox(ビボックス)の登録方法&2段階認証&本人認証の手順

取引所 この記事は約 7 分で読めます。
bibox

Bibox(ビボックス)は、2017年11月に設立した中国の仮想通貨取引所です。

まだ設立して3ヶ月ほどですが、すでに1日の取引量ランキングでは28位とかなり順調に運営されています。

Biboxの出来高

Binanceとプラットフォームが似ていますが、日本語へは未対応で、中国語と英語と韓国語のみです。

取り扱い通貨については、2018年2月1日時点では、42種類とBinanceと比べるとまだ少ないですが、今後もどんどん増えていくことが期待できます。

売買手数料については、テイカー 0.1%、メイカー 無料となっており、Biboxが発行しているトークン(BIX)で手数料を支払うと50%割引になります。

トークンで手数料が安くなるというのは、Binanceのトークン(BNB)と同じですね。

私が確認した2018年2月1日現在の価格は、下記のようにBinance(BNB)の方が約10倍ほど高いです。

  • Binanceのトークン(BNB):0.0010200BTC
  • Biboxのトークン(BIX):0.00014300

ただ、今後Biboxの取引高が増えてくれば、BIXの価格も上がってくるかもしれませんね。

それでは、Biboxの登録方法から、2段階認証のやり方や使い方などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

Biboxの登録方法

1.【Biboxの公式サイト】にアクセスすると、アカウント作成画面が表示されますので、メールアドレスとパスワード(8~20文字の大小の英字や数字などを混ぜたもの)を入力します。

アカウント登録画面

【Click to pass】をクリックすると、パズルが表示されますので、下のアイコンをスライドさせて合わせます。

パズル

【Succeeded】と表示されましたら、【Sign up】をクリック。

Sign up画面

2.下記のような画面が表示されましたら、登録したメールアドレスに認証メールが配信されていますので、メールを確認します。

メール認証の確認画面

ちなみに記載されている英語を翻訳したものが以下文章です。

アクティベーションリンクを記載したメールを送信しました。リンクをクリックしてアカウントの有効化を完了してください。

しばらくメールを受信していない場合は、スパムを確認してください。

3.メール内の認証URLをクリックします。

メール内の認証URL

下記のような画面が表示されましたら、【Log in】をクリック。

メール認証完了

登録したメールアドレスとパスワードを入力して、【Login】をクリックし、アカウント画面が表示されましたら、登録完了です。

bitboxのアカウント画面

Biboxの2段階認証の方法

1.アカウント画面の【 Google Authentication】という項目の右端にある【Enable】をクリック。

Google Authenticationをクリック

2.2段階認証の画面が表示されましたら、以下の手順で進めます。

2段階認証の画面

①Google Authenticatorのアプリが入っていない場合は、インストールします。

②Google Authenticatorのアプリを立ち上げて、QRコードを読み込みます。

QRコードの読み取り方は、上部の【+】をクリックすると、下部に【バーコードをスキャン】というメニューが表示されますのでそちらをクリックすると、読み込めるようになります。

Google Authenticatorの画面

③ログインの際のパスワードを入力します。

④Google Authenticatorに表示されている6桁の認証コードを入力します。

Google Authenticator

④【Confirm】をクリックして下記のように表示されていれば設定完了です。

2段階認証の設定完了画面

その他セキュリティー関連の設定

キュリティー関連の設定

【SMS Authentication】は、中国で登録されている携帯電話のみ対応していますので、必要ありません。

【Funds Password】は出金する際のパスワードを設定することができますので、念のために設定しておくとよいでしょう。

出金パスワードの設定の方法

1.【Funds Password】という項目の右端にある【Enable】をクリック。

2.下記のような画面が表示されましたら、以下の手順で進めます。

出金パスワードの設定

①出金の際のパスワードを入力(8~20文字の大小の英字や数字などを混ぜたもの)

②再度出金の際のパスワードを入力

③ログインの際のパスワードを入力

④Google Authenticatorに表示されている6桁の認証コードを入力

⑤【Confirm the Cange】をクリック

2.下記のように表示されていれば設定完了です。

出金パスワードの設定の完了画面

本人認証の方法

アカウント登録まで済ませた状態だと、1日の出金が2BTCまで引き出し可能です。

ただ、もっとたくさん出金を行いたい場合は、本人認証を済ませることで30BTCまで引き出しが可能になります。

本人認証には、身分証明書としてパスポートが必要です。パスポートを持っていない場合は、作ってから行ってください。

それでは、本人認証の手順についてご紹介します。

1.右上メニューの【Profile Verification】をクリックすると、本人認証の申請ページが表示されます。

Biboxの本人認証ページ

2.下記のような画面が表示されましたら、以下の手順で進めます。

本人認証の申請ページ

①【Worldwide】をクリック

②アルファベットで名前を入力(例:TAROU YAMADA)

③Japanを選択

④パスポートの番号を入力

⑤パスポートの表紙の画像を選択

⑥パスポートの顔写真が写っている画像を選択

⑦セルフィー画像を選択

セルフィーについては、Biboxと今日の日付を記入したメモ帳、パスポートの顔写真が写っているページ、顔が1枚に収まった画像です。

⑧【submit】をクリックすれば申請完了です。承認されるまでお待ちください。

Biboxの入金方法

1.右上メニューの【Funds】をクリック。

アカウント画面

2.メニューの【Funds Details】をクリックすると、入金可能な通貨の一覧が表示されます。

Funds Details

入金したい通貨を探して、右側にある【Deposit】をクリック。

3.入金用のアドレスが表示されますので、このアドレス宛てに送金してください。

入金用のアドレス表示

QRコードを読み込んで送金も可能です。

Biboxの使い方

上部メニューの【Token Trading】をクリックすると、取引画面が表示されます。

Biboxの取引画面

Biboxへの登録はコチラ>>

まとめ

Biboxは中国の取引所なので、あまりたくさんの資金を入れるのはちょっとリスキーな感じもしますが、Binanceにないコインがあったりしますので、登録しておいても損はないのかなと思います。

また、BinanceのようにICOの販売なども行うかもしれません。そうなれば、Biboxに上場する可能性は高いので、そういった情報などもチェックしておきたいですね。

関連記事Binance(バイナンス)の登録方法(口座開設)&2段階認証の手順

関連記事Bit-Trading(ビットトレーディング )の登録方法(口座開設)&2段階認証の手順

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

bibox

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア