1. TOP
  2. ICO
  3. bitarq(ビットアーク)仮想通貨取引所でICO開始!購入方法は?
line@

bitarq(ビットアーク)仮想通貨取引所でICO開始!購入方法は?

ICO 取引所 この記事は約 13 分で読めます。
bitarq

2018年秋ごろにオープン予定のbitarq(ビットアーク)という仮想通貨取引所がICOを行うという情報を見つけました。

公式サイトは3月20日に公開されており、翻訳っぽくない自然な日本語で書かれているので、日本向けのICOなのかもしれません。

現時点では、ホワイトペーパーやチームメンバーについては公開されていませんが、公式サイトを見て、僕の中で理解した内容についてまとめておきました。

まず注目ポイントは以下の通りです。

  • 誰でも安心して簡単に利用ができる仮想通貨取引所の開発
  • 独自トークンを発行して手数料割引などのサービスを提供
  • 厳選したICO案件を優先的に提供

※2018年3月21日時点の情報です。

公式サイト http://bitarq.io/
Twitter(7名) https://twitter.com/bitarqExchange
スポンサーリンク

bitarqとは?

仮想通貨取引所といえば、操作が難しい、セキュリティーが不安といったイメージを持たれている方も多いと思います。

そこでbitarqでは、誰でも安心して簡単に仮想通貨取引を行うことができる仮想通貨取引所を目指して開発しています。

また、仮想通貨の取引以外のサービスも提供予定ということで詳しく見ていきたいと思います。

bitarqの特徴

直感的なトレードが可能に!

PCでの取引以外に、専用のスマホアプリの開発も行っており、詳細は書かれていませんが、直感的なトレードということで、画面をタップするだけで取引ができるようなイメージかなと思います。

高いセキュリティー技術

マルチシグ、二段階認証、reCAPTCHA、ハードウォレットに関しては、今後仮想通貨取引所を運営する上で、最低限必要なセキュリティーシステムだと思います。

それに加えて、第三者機関委託によるチェックシステムや、アドバイザーとしてホワイトハッカーを招き入れようという取り組みは、セキュリティ向上に繋がりそうですね。

他の取引所との差別化も図れて、ユーザーにとっても安心感が持てそうです。

以前ウォレットをハッキングされてトークンを盗まれた経験があるので、ログイン時には通常の二段階認証に加えて、同一人物が複数端末で認証ができるようなマルチシグのような機能があるとより嬉しいですが。

※マルチシグとは?

例えば仮想通貨を送金する前に、複数の署名(承認)を行わないと送金することができない、というような仕組みです。

そしてこの署名は、秘密鍵というパスワードのようなもので行いますので、仮に全ての秘密鍵を同じ場所で管理していると、盗まれてしまう危険性があり意味がありません。

秘密鍵は別々のサーバーや安全な場所に保管をしておく必要があります。

独自トークンを発行

bitarqがARQというトークンを発行することで、以下のようなメリットが期待できます。

取引手数料の割引

ARQトークン建てでトレードする場合は、取引手数料が50%割引になります。

ショッピングや現金の引出しに使える

デビットカードの発行を予定しており、専用ウォレットに保管したARQコインを上限として、ショッピングや現金の引出しが行えるようになるようです。

ただ、日本国内で仮想通貨のデビットカードが使えるようになるのかどうかは不明です。

トークン自体の価格上昇

色々なサービスでARQトークンが使われるようになれば、流動性が高まっていき、価格の上昇も期待できるようになります。

独自トークンを発行して価格上昇した例として挙げられるのが、BINANCE(バイナンス)のBNBトークンです。

発行当初は1セントほどだったのが、最高値では180倍の値段がつきました。

Binanceのbnb

最近は仮想通貨取引所が増えていて、独自にトークンを発行しているケースも多いので、一概に価格が上がるかどうかはわかりません。

ただ、日本人でも簡単かつ、安心して取引ができる取引所というのは、現時点ではあまりないような気がするので、公式サイトに書かれていることが実現できるのであれば、数倍くらいの値上がりは大いに期待できそうですね。

ICOプラットフォーム

bitarqで厳選したICO案件を優先的に紹介してくれます。

bitarqでは取扱通貨数を350銘柄までは積極的に増やしていく予定なので、おそらくここで紹介されたICO案件は、ARQトークンで購入して、上場後にARQトークン建てでトレードするような流れになるのかなと思いました。

ちなみに、BINANCE(バイナンス)で似たようなサービスが行われており、販売されていた案件はプロジェクト終了後すぐに上場し、その後ICO価格よりも高い価格で取引されています。

https://launchpad.binance.com/

玄人トレーダーのエントリーを参考にできる

プロトレーダーのエントリーのタイミングや、所持している仮想通貨を共有してもらえるサービスのようです。

詳細についてはわかりませんが、初心者からすればかなり勉強にはなりそうですね。

bitarqのロードマップは?

ロードマップ

主なロードマップについてまとめておきます。

2018年

Q3
  • Walletリリース
Q4
  • bitarq仮想通貨取引所オープン
  • 取扱銘柄50に拡充
  • デビットカード申込開始

2018年の秋頃に取引所がオープンし、その後はかなりハイペースに取扱銘柄を増やしていくような計画になっています。

2019年

Q1
  • 取扱銘柄100に拡充
  • BTC信用取引開始
Q2
  • 取扱銘柄150に拡充
  • 決済サービス提供開始
  • ホワイトラベル提供開始
  • 日本支社設立
  • 仮想通貨取引交換業申請
  • デビットカード配布開始
Q3
  • 取扱銘柄250に拡充
  • ICO事業開始
  • 米国支社設立
  • 米国NYDFS BitLicense申請
Q4
  • 取扱銘柄350に拡充
  • シンガポール支社設立

ここまでハイペースに取扱銘柄が増えていけば、かなり話題になりそうです。

あと、日本での仮想通貨取引交換業の申請をして審査に通貨すれば、デビットカードの配布も実現するかもしれませんね。

ロードマップ通り進めていけるかどうかは、チーム力に掛かっているでしょうから、早くチームに関する情報も見てみたいです。

bitarqのICOはいつ行うの?

暗号記号 ARQCoin(ARQ)
総発行枚数 1,500,000,000枚
最低調達金額 40,000,000USD
参加可能通貨
最低購入額
トークン価格 1ARQ=0.08USD~
募集期間 3/1~6/14

プライベートセール、プレセール、クラウドセールと分かれており、各セールによって購入単価とボーナス付与率が異なります

現在プライベートセール開催中ですが、公式サイトには購入ページがありませんので、クローズドの代理店経由での購入だけなのかもしれません。

プライベートセール

募集期間 1ARQの単価 ボーナス付与率
3/1~3/31 0.08USD 50%

プレセール

募集期間 1ARQの単価 ボーナス付与率
4/1~4/15 0.13USD 30%
4/16~4/30 0.14USD 30%

クラウドセール

募集期間 1ARQの単価 ボーナス付与率
5/15~5/21 0.17USD 20%
5/22~5/28 0.18USD 20%
5/29~6/4 0.19USD 20%
6/5~6/14 0.20USD 20%

最後に、独自トークンを発行されている仮想通貨取引所の現時点(2018年3月22日)での状況などを見て、ARQトークンが上場後の価格予測でもしてみようかなと思います。

BINANCE Coin(BNB)
  • 発行上限数:197,192,382BNB
  • 市場供給量:99,014,000BNB
  • 1BNBの価格:10.08USD

BINANCEトークン

KuCoin Shares(KCS)
  • 発行上限数:181,043,076KCS
  • 市場供給量:91,043,076KCS
  • 1BNBの価格:2.88USD

KuCoin Sharesのチャート

QASH(QASH)
  • 発行上限数:1,000,000,000QASH
  • 市場供給量:350,000,000QASH
  • 1BNBの価格:0.623495USD

QASHトークンのチャート

Bibox (BIX)
  • 発行上限数:271,520,349BIX
  • 市場供給量:105,918,066BIX
  • 1BNBの価格:0.687943USD

Biboxトークンのチャート

COSS (COSS )
  • 発行上限数:104,000,000COSS
  • 市場供給量:65,047,195COSS
  • 1BNBの価格:0.261458USD

COSSトークンのチャート

 

5つの海外の仮想通貨取引所をピックアップしてご紹介しましたが、この中で発行上限数で近いのがQASHです。

トークンの市場供給量が多いので、他のチャートと比べて、一気に価格が上がるというような動き方ではありません。

ちなみに、QASHのチャートでは2017年11月22日に0.482456USDで開始され、2018年1月14日に2.38USDと最高値を付けました。

ちょうどこの期間は、仮想通貨が盛り上がっていた時期と重なるので、価格は約5倍ほどまで上がりました。

ARQトークンの上場時の開始価格は、0.4USDくらいを予定されているようなので、プライベートやプレセールで購入するなら、数倍~十数倍くらいにはなるかもしれません。

ですが、クラウドセールで購入する場合は、仮に仮想通貨業界の地合いが悪い時と重なると、しばらく保有しないといけない羽目になるかもしれませんので、気を付けてください。

ただbitarqの場合、ICOプラットフォームとして厳選したICOも紹介される予定なので、お得な価格でICOをARQトークンで買えるのであれば、損をすることはないとは思います。

まとめ

bitarq仮想通貨取引所のオープンが2018年の秋ごろで、さらに1年後くらいからICO事業が開始される予定となっています。

なので、キャピタルゲイン狙いでトークンを購入する場合であっても、中長期的な目線で投資を行った方がいいかもしれません。

PICKUP:Torus Project(トーラスプロジェクト)の仮想通貨・ICOとは?南原社長が仕掛けるプロジェクト!

PICKUP:sharpayの仮想通貨とは?評判は?ICOの買い方の手順を紹介

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

bitarq

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア