1. TOP
  2. 基礎知識
  3. ビットコインの買い方・購入方法は?お得に購入できる取引所を紹介
line@

ビットコインの買い方・購入方法は?お得に購入できる取引所を紹介

基礎知識 この記事は約 10 分で読めます。
ビットコイン

ビットコインを買いたいけど、どこで購入すればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ビットコインをお得に購入する方法についてご紹介しています。

スポンサーリンク

ビットコインの買い方は?

ビットコインは、以下のようにいくつかの方法で購入することができます。

ですが結論から言うと、安全面や手間などを考えると、仮想通貨の取引所・販売所で購入するのが一番おすすめです。

ビットコインを仮想通貨の取引所・販売所で購入する

ビットコインの購入方法としてもっとスタンダードな買い方です。

ビットコインなどの仮想通貨の取引を専門とした取引所なので、安心して購入することができます。

メリット
  • 取引所・販売所が仲介してくれるので、安心して購入できる
  • レートを見て売買ができる
デメリット
  • 口座開設をする必要がある
  • 手数料がかかる(取引所によって異なる)

ビットコインのATMで購入する

ビットコインを購入したり、両替をすることのできるATMがあります。購入の際には、事前にウォレットを用意しておく必要があります。

流れとしては、ビットコインを購入したい分の現金(日本円)を入れるとQRコードが表示されます。ウォレットでそのQRコードを読み取ることで、購入した分のビットコインがウォレット内に入金されます。

メリット
  • 取引所のように口座開設をする必要がない
デメリット
  • ビットコインATMの設置台数が少ない
  • ビットコインATMまで行く必要がある
  • 手数料が割高である(設置しているATMによって異なる)

→ ビットコインのATM手数料についてはこちら

個人間で売買をして購入する

取引所などを通さずに、ビットコインを持っている人と直接売買をするという方法です。売買の際には、事前にウォレットを用意しておく必要があります。

流れとしては、ビットコインをウォレット内に送ってもらい、代金は直接手渡しが一番安全です。

個人間での受け渡しになることから、ネットだけのやり取りしかしていない人ではなく、友人など信頼できる人からでないと、トラブルになる可能性があります。

メリット
  • 手数料がかからない
デメリット
  • 売買する価格は交渉する必要がある
  • 個人間で取引してくれる人を見つけるのが大変

取引所と販売所の違いは?

ビットコインは取引所か販売所で購入するのがおすすめですが、取引所と販売所では何が違うのかをご紹介します。

基本的には、取引所のみ、または取引所と販売所の両方のサービスを行っている会社がほとんどです。

取引所

株でいう証券取引所のようなイメージで、買いたい人と、売りたい人をマッチングさせる仲介サービスです。

誰が買っているのか、売っているのかはわからず、値段だけが見える仕組みです。

メリット
  • 自分で買いたい・売りたい価格を決めて注文ができる
  • 手数料が安い
デメリット
  • 注文した価格に需要がなければ売買が成立しない
  • 多少手間がかかる

販売所

各販売所が所有しているビットコインから購入や売却ができます。

その場ですぐに購入することができますが、取引所の相場よりも価格が高めに設定されています。

また販売価格は各取引所によって若干異なります。各スーパーによって野菜の値段が違うのと同じような感じですね。

メリット
  • 売買価格は決まっていますので、いつでも売買が成立する
  • 取引所で暴落や高騰して取引ができない時のリスク回避になる
デメリット
  • 取引所よりも手数料が高い

取引所・販売所の選び方は?

国内大手の仮想通貨取引所を選ぶのがおすすめです。理由は、大手の方がサービス面が充実していたり、安全面やセキュリティー面もしっかりとしていることが多いからです。もちろん、口座開設や利用は無料です。

以下に国内大手の3つの仮想通貨取引所をご紹介しておきます。

ビットフライヤー

ビットフライヤー

 手数料  0.01~0.15%
 最低取引単位  0.001BTC
 送付手数料  0.0004BTC
 入金方法  銀行振込、コンビニ入金、クレジット決済
 取扱コイン  6種類(ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA))

ビットフライヤーは、2014年に国内初のビットコインを取り扱う取引所として設立されました。

大手企業(リクルート、SBIインベストメント、GMOインターネットなど)が出資を行っており、資本力はトップクラスと言えるでしょう。

ビットコイン以外に、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュなどの主要な通貨も取り扱っています。

画面がわかりやすく、使いやすいのも魅力です。

サービス面としては、通常の売買のほかに、FXトレードのようにレバレッジをかけてトレードする事も可能です。

信頼性や安全面などを考えると、はじめてビットコインを購入される方におすすめの取引所です。

ビットフライヤーの公式サイトはコチラ>>

コインチェック

コインチェック

 手数料  0%(期間限定)
 最低取引単位  0.001BTC
 送付手数料  0.005BTC
 入金方法  銀行振込、コンビニ入金、ペイジー入金、クレジット決済
 取扱コイン  13種類(ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、リスク(LISK)、ファクトム(FCT)、モネロ(XMR)、オーガー(REP)、ジーキャッシュ(ZEC)、ライトコイン(LTC)、ダッシュ(DASH))

2014年に開設された取引所で、ビットコインの取引量が多く、色々なサービスを展開されていますので、初心者にもおすすめです。

特に取り扱っている仮想通貨は、ビットコインを含めると計13種類と国内でもっとも多いので、ビットコイン以外の取引をしたい方に便利です。

また、パソコンやスマホアプリの画面の分かりやすさや使いやすさから、資産の管理面やセキュリティー面もしっかりとしています。

ちなみに、「不正ログインによって被害を受けた際には100万円を上限に補償してくれる」といった保証もありますので安心して利用できるでしょう。

中でも、チャートの見やすさに関しては、利用者からかなり評価が高く、チャートのチェックに関しては、コインチェックを利用しているという方も多いようです。

コインチェックの公式サイトはコチラ>>

ザイフ

ザイフ

 手数料  -0.01%
 最低取引単位  0.0001BTC
 送付手数料  0.0001BTC以上
 入金方法  銀行振込、コンビニ入金、ペイジー入金、クレジット決済
 取扱コイン  5種類(ビットコイン(BTC)、イーサリアム(EHT)、ネム(NEM)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH))

取引手数料マイナス0.01%ということで、短期売買をしたい方におすすめです。

またICOの取り扱いを行っていることから、ICOに興味がある方は早めに登録しておいてもいいかもしれませんね。

その他に、コインの積み立てサービスなど、他の取引所にはないようなサービスが色々とあります。

ただ、パソコンやスマホアプリに関しては、ビットフライヤーやコインチェックと比べると、多少使いにくさがあるかなといった感じです。

ザイフの公式サイトはコチラ>>

ビットコインはいくらから購入ができるの?

ビットコインは、各取引所や販売所によって、いくらから購入できるのかは異なります。

上記で紹介した取引所の、ビットコイン最低購入額は下記の通りです。

ビットフライヤー 0.001BTC
コインチェック 0.001BTC
ザイフ 0.0001BTC

下記のページでは、現在のビットコインのレートから日本円にするといくらになるのかを確認できます。

→ BTC/JPY 通貨コンバータ

まとめ

ビットコインを購入するなら、まずは仮想通貨の取引所を口座開設しましょう。

ただし、口座開設をしてビットコインを購入する為には、本人確認資料の提出が必要になります。

口座開設の手続きを済ましてから、取引ができるようになるまでに2~3日ほどかかる場合がありますので、興味がある方は、早めに口座開設だけは済ませておきましょう。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

ビットコイン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア