1. TOP
  2. 取引所
  3. BitMEX(ビットメックス)にログインできない5つの原因&解決策
line@

BitMEX(ビットメックス)にログインできない5つの原因&解決策

取引所 この記事は約 7 分で読めます。
パソコン

BitMEX(ビットメックス)でトレードしたいのに、なぜかログインができないとお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

BitMEXにログインができない原因は、ユーザー側の問題と運営者側の問題でログインできない2つのパターンに分かれます。

そこで今回は、BitMEXでログインができないときのユーザー側の問題と運営者側の問題に分けて解決法をご説明していますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ユーザー側の問題でログインできないケース

パスワードがわからなくなった

パソコンが故障してしまい、パソコン内に保存していたパスワードが消えてわからなくなって、ログインができなくなることがあります。

この場合は、いったんパスワードをリセットして、再度設定し直すことでログインができるようになります。手順は以下の通りです。

1.ログイン画面の下に書かれている【パスワードまたは2要素デバイスをお忘れですか?】をクリック。

ログイン画面

2.パスワードのリセットをリクエストというフォームが表示されますので、登録しているメールアドレスを入力して、【パスワードをリセット】をクリック。

パスワードのリセットをリクエスト

3.メールが届きますので、【パスワードをリセット】をクリック。

メール

4.パスワードがリセットされ、新しいパスワードを設定すれば完了です。

二段階認証が使えなくなった

スマホが故障したり、紛失したりして、新たなスマホに買い替えた場合、二段階認証の復旧コードを控えていないと、BitMEXの認証コードが発行できなくなります。

この場合は、自動でリセットができないので、サポートにメールをして本人確認の書類を提出する必要があります。手順は以下の通りです。

1.ログイン画面の下に書かれている【パスワードまたは2要素デバイスをお忘れですか?】をクリック。

ログイン画面

2.パスワードのリセットをリクエストというフォームが表示されますので、【当社にメールでお問い合わせ】の部分をクリックしてサポートメールを開きます。

パスワードのリセットをリクエスト

3.メールの件名を「2要素デバイスの紛失」として、手順を教えてくださいといった内容で送信してください。

僕が確認した時は、以下の書類を持ったセルフィー画像を添付して送信してくださいという返信がありました。

  • 政府発行の写真付きID(パスポートや運転免許証など)
  • 送信時の日付、アカウントのユーザー名、BitMEXという言葉の3点を記入した紙

イメージとしては以下のようなセルフィー画像になります。

セルフィー画像

この手続きは、本当に本人なのか確認するためのものなので、アカウントのユーザー名と政府発行の写真付きIDが一致している必要があります

もし本名ではなく偽名で登録していると、解除してもらえない可能性があります。

※時間の経過により、手順が変わる可能性がありますので、まずはサポートに手順を確認してから進めましょう。

関連記事BitMEX(ビットメックス)でアカウントの複数登録はできるの?自己アフィリエイトは?

4. 問題なければ二段階認証がリセットされて、ログインができるようになります。

こちらのページ(BitMEX(ビットメックス)の登録方法&二段階認証を図解入りで徹底解説!)にも書いていますが、二段階認証の復旧コードは必ずバックアップしておいてください。

インターネットに接続されていない

自宅のパソコンだと気づきやすいですが、外出中にスマホでBitMEXにログインできない場合は、まずは他のサイトが閲覧できるのか確認してみてください。

もし外出中のスマホでインターネットに接続されていない場合は、以下の原因が考えられます。

公共施設などの無料Wi-Fiに自動で接続される

スマホが自動的に無料Wi-Fiに接続しても、利用登録をしないと使えないことがあります。その場合はスマホの設定から、【Wi-Fi接続をOFF】に変更してみてください。

外出先でモバイルデータ通信をOFFにしている

自宅ではWi-Fi設定で使っていることから、モバイルデータ通信をOFFにしたまま外出すると、インターネットに接続されません。

その場合はスマホの設定から、【モバイルデータ通信をON】に変更してみてください。

データ通信量が上限に到達している

通信会社によって条件は異なりますが、データ通信量が2Gまでといった上限に達すると、通信速度が低速に制限されることがあります。

この状態でBitMEXにログインしようとすると、ログインするまでに時間がかかったり、混雑している時間帯であれば、ログインができないといったケースも考えられます。

この場合は追加容量を購入するか、外出中は通信するのを控えて自宅のWi-Fiでログインするかになります。

運営者側の問題でログインできないケース

運営者側の問題でログインができないケースの方が高いかもしれません。以下のようなものが挙げられます。

サーバーが落ちている

システムに何らかの原因で負荷がかかってサーバーが落ちることがあります。

サーバーが落ちる原因としてよくあるのが、相場が大きく変動することで、集中した注文を処理しきれずサーバーが落ちるケースです。

BitMEXはセキュリティが高く、BitFlyerなど他社と比べてサーバーが落ちる可能性は低いですが、たまに起こったりします。

関連記事BitMEX(ビットメックス)のセキュリティ対策から安全性を検証

この場合は、ユーザー側で行える解決法はなく、BitMEX側が復旧するのを待つしかありません。

ブラウザとの相性の問題

BitMEXのWEBサイトと閲覧する為のブラウザの相性の問題で、画面に「403 Forbidden」といったエラーが表示されて、ログインができないことがあります。

上のツイートの場合は、Windows 10のデフォルトブラウザであるMicrosoft Edgeで閲覧すると、「403 Forbidden」のエラーが起こって閲覧できないというケースです。

この場合は、現在利用しているブラウザから別のブラウザに変更することで、解決できる可能性があります。

パソコンだとchrome、Firefox、スマホだとchrome、safariで閲覧してみてください。

まとめ

最近の傾向としては、利用者が増えて事も関係があるかもしれませんが、BitMEX側のサーバーが落ちてログインできないケースが多いよう思えます。

特にポジションを持っているときにログインできないとかなり不安になると思いますが、焦らずに対応して頂ければと思います。

関連記事BitMEX(ビットメックス)のフィッシング詐欺に合わない為の対策法

関連記事BITPRO500(ビットプロ500)仮想通貨取引所とは?登録方法を紹介

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

パソコン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア