1. TOP
  2. 取引所
  3. BitMEX(ビットメックス)のセキュリティ対策から安全性を検証
line@

BitMEX(ビットメックス)のセキュリティ対策から安全性を検証

取引所 この記事は約 7 分で読めます。
セキュリティ

BitMEX(ビットメックス)といえば、仮想通貨FXが行える海外の取引所ですが、安全性が高いのか気になる方も多いのではないでしょうか。

そこでBitMEXはどこの国でどういった会社が運営されているのか、どのようなセキュリティ対策をしているのかについて解説しています。

スポンサーリンク

BitMEXの運営元は信頼できるの?

海外の取引所ということで、どういった人や会社が運営を行っているのか気になる方も多いのではないでしょうか。

BitMEXの運営元を調べてみると…

2014年11月にタックスヘイブンとして有名なセーシェル共和国に「HDR Global Trading Limited」を設立してBitMEXを開設しました。

そして親会社は香港に設立して拠点としているようです。

HDR Global Trading Limited

https://www.hdrglobaltrading.com/

ちなみに大手仮想通貨取引所のHuobiもセーシェル共和国に拠点を置いています。

創業者は以下の3人で、ファイナンス、Web開発、高頻度アルゴリズム取引分野のトップクラスの専門家が揃っています。

BitMEXの創業者

出典:https://www.bitmex.com/app/aboutUs

  • 共同創業者 兼 CEO Arthur Hayes
  • 共同創業者 兼 COO Ben Delo
  • 共同創業者 兼 CTO Samuel Reed

 

CoinMarketCapの24時間の出来高ランキングを見ると、2018年7月30日時点で世界第一位です。

ビットメックスの取引高

2014年に設立しこれだけ大きな取引高を誇る取引所ということで、怪しい取引所でないことは確かのようです。

BitMEXのセキュリティは高いの?

BitMEXでは以下の4つのセキュリティ対策を行っています。

ハードウェアシステム

Amazon Web Servicesという高いセキュリティを採用していて、複数の形式のアクセス認証に通らないと相互通信ができないようになっています。

ちなみに日本だとに任天堂やクックパッドといった大企業がAmazon Web Servicesを利用されているようです。

ソフトウェアシステム

大手銀行が使われているデータベースとツールセットを採用していることから、とても早いスピードで取引などの処理が実行でき、その都度リスクがないかの安全確認まで行われています。

ウォレット管理

コールドウォレットを採用していることから秘密鍵はオフラインで保管され、仮にハッキングされたとしてもインターネット上には秘密鍵はないので、盗まれる心配はありません。

また出金処理は1日1回、日本時間で22時頃に行われています。

その理由は、マルチシグネチャ技術を採用していて、3人の共同創業メンバーのうち2人が手作業で承認作業を行ってから出金されているためです。

過去に何度も二段階認証の設定をしていないアカウントで、大量のビットコインが送金されるのを防いだことがあると、Arthur Hayes氏がインタビューで答えています。

https://medium.com/wharton-fintech/wharton-fintech-interview-with-arthur-hayes-ceo-and-co-founder-of-bitmex-55a0821b41d7

しかもBitMEXでは出金依頼を行う際に、自分のメールアドレス宛てに認証メールが配信されるのですが、30分以内にクリックして許可をしないと、出金依頼がキャンセルになってしまいます。

ビットコインの出金に関しては、二重、三重とかなり厳重に管理されているのがよくわかります。

すぐにビットコインを引き出せないというデメリットはありますが、ハッキング被害にあって不正送金にあう危険性はかなり低くなりますので、ほかの取引所でも採用してもらいたいですね。

二段階認証システム

最近は多くの取引所で採用されていますが、自己防衛する上では欠かせないセキュリティ機能です。

関連記事BitMEX(ビットメックス)の登録方法&二段階認証を図解入りで徹底解説!

安定感のあるサーバー

高機能なソフトウェアシステムを導入していることもあって、日本の仮想通貨取引所と比べるとかなり安定しています。

ただし100%落ちないというわけではありません。

ただサーバー負荷を減らすなどの改善は常に行われているという印象なので、安心感がありますね。

セキュリティ分析ツールで世界一の取引所

Mozillaが、WebサイトのHTTPヘッダを解析して機械的にスコアを出す「Observatory」というセキュリティ分析ツールを提供しています。

このツールを使って主要な仮想通貨取引所を解析したスコアが公開されていて、その中でBitMEXはダントツの1位を獲得しています。

Observatory
出典:https://docs.google.com/spreadsheets/d/1U93_QWasNkFNEagdueCUBWLXb6bjXBtoxkY2RIN3G-k/edit#gid=0

Webサイトにある問題の重要度に応じて、減点されていくという仕組みになっていて、BitMEXはまったく問題点がなかったということになります。

まとめ

BitMEXの安全性については、2014年に開設してからこれまで取引所を運営しているという実績があるので、新興取引所と比べるとかなり安心感はありますね。

またBitMEXがハッキング被害を受けたという情報や、出金に関して遅延したという情報も見つかりませんでした。

これだけの出来高がある取引所で、これといった大きなトラブルがないというのは、セキュリティの高さやトラブルへの対応が早いからだと思います。

なので現時点では、BitMEXはかなり安心して利用ができる取引所だと言えるのではないでしょうか。

関連記事BitMEX(ビットメックス)のフィッシング詐欺に合わない為の対策法

関連記事BITPRO500(ビットプロ500)仮想通貨取引所とは?登録方法を紹介

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

セキュリティ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア