1. TOP
  2. 取引所
  3. bitTrust(ビットトラスト)仮想通貨取引所の特徴は?登録方法を図解入りで解説!
line@

bitTrust(ビットトラスト)仮想通貨取引所の特徴は?登録方法を図解入りで解説!

取引所 この記事は約 7 分で読めます。

2018年8月10日にbitTrust(ビットトラスト)という仮想通貨取引所がオープンしました。

取扱銘柄の中にAidos Kuneen(ADK)がリスティングされるということで注目の取引所です。

そこで今回は、bitTrustはどのような仮想通貨取引所なのか、サービス内容などの特徴や登録方法について僕の中で理解した内容をまとめておきました。

まず注目ポイントは以下の通りです。

  • 取引マイニングによるBTRTトークンの還元
  • BTRTトークン保有者はエアドロップがもらえる
  • Aidos Kuneen(ADK)のトレードが可能

※2018年8月12日時点の情報です。

公式サイト https://www.bittrust-currency.com/
テレグラム(1940人) https://t.me/joinchat/GHy2qVCi9P59BI2bKNxC4w
twitter(749人) https://twitter.com/Btrt_Official
スポンサーリンク

bitTrustとは?

日本人が運営にかかわっているエストニアを拠点とした海外の仮想通貨取引所です。

bitTrustの特徴

セキュリティーが高い

大手証券会社に匹敵する高いセキュリティ技術を持つ取引所を目指しています。

システム開発の経験が長い3社の共同開発ということで、どのようなセキュリティ機能が導入されるのか期待が持てそうです。

bitTrustが独自トークンを発行

bitTrustが発行するBTRTトークンを所持することで、いくつかのメリットがあります。

取引マイニング

BTRT保有量に応じて、以下の取引手数料分を運営側がBTRTを市場から買い戻して還元してくれます。

  • 保有量50万以上:手数料10%
  • 100万以上:手数料25%
  • 200万以上:手数料50%

保有量に応じてエアドロップ

bitTrustに上場している仮想通貨を、運営側が営業利益の一定割合分で購入して、BTRT保有量に応じて、エアドロップ形式で分配されます。

要するにBTRTをただ保有しているだけで、他の仮想通貨がもらえるということです。

そしてbitTrustの取扱銘柄として注目されている、ADKがエアドロップとして配布されるのではないかと言われています。

テレグラムやSNSなどでもそういった情報が流れていて、ADK欲しさにBTRTを購入している人もいると思います。

ADKは1枚約3,000円なので、どの程度エアドロップされるのか気になるところです。

投票権が付与される

BTRT保有量に応じて、新規にリスティングされる仮想通貨や今後の運営方針などの決定事項に対する投票権が与えられます。

  • 50万BTRT以上:1票
  • 100万BTRT以上:2票
  • 200万BTRT以上:5票
  • 500万BTRT以上:15票

自社の仮想通貨を上場させたい発行元は、BTRTを大量購入してホールドする可能性がありますので、価格の下支えにも繋がります。

BTRT建てで他の通貨とトレード

今後はBTRT建てでBTCなどの通貨と交換ができるようになります。

最低価格が設定されている

8月13日から取引が予定されているBTRT/BTCの取引板では、最低価格を0.000002BTCを下限に設定されるようです。つまり、0.000002BTC未満で買ったり、売ったりすることはできません。

仮に最低価格で買い手がいなかったとしても、運営側は最低価格以上でBTRTの買い戻しを行いますので、ある意味保証がされていると言えるかもしれません。

Aidos Kuneen(ADK)がリスティングされている

bitTrustの初期の取扱銘柄については、BTC建ての以下の9銘柄となっています。(初期の取扱銘柄のUSDT建も追加予定)

  • Aidos kuneen(ADK)
  • Centrality(CENNZ)
  • TRON(TRX)
  • Bittrust(BTRT)
  • Litecoin(LTC)
  • Ethereum(ETH)
  • AION(AION)
  • IOST(IOST)
  • OmiseGo(OMG)

そして初期の取扱銘柄のなかに、Aidos Marketという自社の取引所でしか取り扱いがなく鎖国状態だった、Aidos Kuneen(ADK)がリスティングされています。

これまで、新規ユーザーが購入するには難しい状況だったAidos Kuneen(ADK)が購入できるようになるわけですから、注目度は高いです。

また、購入したい人が多くて、売りたい人が少ない(bitTrustの存在をまだ知らない)、bitTrustのオープン当初だと、ADAと比べると知名度は異なりますが、需要と供給のバランスなど似たような部分もあるので、価格上昇が期待できそうですね。

さらにCentrality(CENNZ)やTRON(TRX)といった日本人に人気の仮想通貨もリスティングされていますので、日本人ユーザーがかなり集まりそうです。

bitTrustの登録方法

1.以下のリンクからにアクセスします。

bitTrustの公式サイトはコチラ>>

 

2.公式ページの内の【JOIN THE MEMBERSHIP】をクリック。

bitrust公式ページ

3.利用規約が表示されますので、ボックスにチェックを入れて【I AGREE】をクリック。

利用規約

4.登録フォームが表示されますので、メールアドレスとパスワードを入力して、【JOIN THE MEMBERSHIP】をクリック。

登録フォーム

5.登録したメールアドレス宛てに認証メールが届きますので、指定のアドレスをクリック。

※Yahooメールで登録すると認証メールがなかなか届かないという情報がありますので、gmailで登録する方がいいかもしれません。

認証メール

6.以下のような画面が表示されましたら、【Log-in】をクリック。

認証完了ページ

7.登録したメールアドレスとパスワードを入力して、【LOG-IN】をクリック。

ログインフォーム

以下のようなダッシュボード画面が表示されましたら、登録完了です。

ダッシュボード画面

二段階認証の設定方法

1.上部メニューから【My Page】をクリックして、【Google Authenticator Management】をクリック。

ダッシュボード画面

2.Google Authenticator Managementというページが表示されましたら、【Off】をクリック。

Google Authenticator Management

3.以下のような画面に切り替わりますので、Google AuthenticatorでQRコードを読み込んでください。

Google Authenticatorの設定ページ

6桁の番号を入力して、【Confirmation request】をクリックすれば設定完了です。

設定完了

まとめ

bitTrustのサービス内容として、BTRTトークンホルダーへのエアドロップというのは、他社であまり導入されていないサービスなので、魅力的かなと思いました。

あとは、Aidos Kuneen(ADK)が取扱銘柄としてリスティングされている点でしょう。まだオープンして間もないので何とも言えませんが、どのような価格を推移していくのか、注目していきたいと思います。

特に日本の企業がプロジェクトの開発に関わっているということで、頑張ってほしいですね!

関連記事Coinsuper仮想通貨取引所が発行のCENトークンのメリットは?登録方法なども紹介

関連記事Bgogo仮想通貨取引所 BGGトークンのメリットは?事前獲得のチャンスあり!

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア