1. TOP
  2. 生活
  3. コインチェックのでんきサービス オール電化だと損するので断念!
line@

コインチェックのでんきサービス オール電化だと損するので断念!

生活 この記事は約 3 分で読めます。
コインチェックのでんきサービス

コインチェック(Coincheck)のでんきサービスをご存知でしょうか。

電気代はこれまでと変わらず、間にコインチェックと提携しているイーネットワークシステムズという代理店が入ることで、毎月の電気代の1~7%分をビットコインでもらうことができるというとてもお得なサービスです。

このビットコインの付与率の割合は、利用している電力会社などによって異なります。

スポンサーリンク

申し込みを行うことに…

私の場合、関西電力でしたので、平均使用量350kWh以上だと5%のビットコインがもらえるということで、これはお得だと思い、早速申し込みをしてみることにしました。

そして申込フォームを見ると、現在のご契約種別の選択項目が【従量電灯 A】と【従量電灯 B】しかなく、はぴeタイムというオール電化のプランだとどうすればいいのかわからず、一度イーネットワークシステムズに電話をしてみる事にしました。

コインチェックのでんきサービスの申し込みフォーム

ご契約種別について聞いてみると、現在オール電化のプランの場合は、反対に割高になってしまう可能性があるとのこと。

シュミレーションしてもらうと…

イーネットワークシステムズさんにシュミレーションして頂くと、細かい価格は忘れてしまったのですが、下記のような感じでした。

ちなみに月の使用量は、4月で1131kwhで計算してもらいました。

関西電力のはぴeタイム(オール電化プラン)

  • 請求金額 25,857円

コインチェックのでんきサービス(従量電灯A)

  • 請求金額 31,000円
  • ビットコイン付与 1,550円

コインチェックのでんきサービスだと、ビットコイン付与分を差し引きすると、29,450円になります。

もしはぴeタイムのままで、コインチェックのでんきサービスを利用してしまうと、毎月3,593円分の負担増になるようでした。

あくまでシュミレーションなので、この通りになるかはわかりませんが、私の場合は得するという事はなさそうだったので今回は断念しました。

ご契約種別の選択項目にオール電化プランがないので、そのまま契約してしまうことはないと思います。

ただ、私のように電力会社とオール電化プランなどで契約されている場合は割引されてる可能性があるので、コインチェックのでんきサービスだと損をする可能性がありますので、注意してください。

電気代の明細書

まとめ

毎月電気代が高く、関西電力は料金が高いので、電力会社を見直した方がいいのかなと思っていました。

しかし、今回コインチェックのでんきサービスでシュミレーションをしてもらうと、関西電力の方が安かったので、ある意味安心しました。

はぴeプランの割引額って結構大きいんですね。

関連記事コインチェック(coincheck)口座開設の手順&本人確認の方法

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

コインチェックのでんきサービス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア