1. TOP
  2. ICO
  3. Fountain ConnectのICO案件!仮想通貨の購入方法は?
line@

Fountain ConnectのICO案件!仮想通貨の購入方法は?

 2018/01/08 ICO この記事は約 11 分で読めます。
fountainconnect

Fountain Connectでは、仮想通貨を使って、どのようなプロジェクトを行おうとしているのか、ホワイトペーパーの情報などから特徴などについてまとめてみました。

さらに、開催されるICOのスケジュールや参加方法、購入のやり方についても、画像つきで解説しています。

Fountain ConnectのICOに興味のある方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

2018/03/01

Fountain ConnectのICOクラウドセール第二弾が開始されました。

2018/01/15

FTCトークンは2018年9月に仮想通貨取引所に上場が決定しており、どの取引所かについては後日公開ということです。

スポンサーリンク

Fountain Connectのプロジェクト内容は?

Fountain Connectでは、ブロックチェーンとは違った、IOTAでも採用されている次世代技術「DAG」のシステムを利用して、寄付活動を総合的に管理する為のプラットフォーム「Layla(レイラ)」を作ろうとしています。

さらにプロジェクトの進行を管理する為に人工知能「lo(イオ)」の開発も行われる予定です。

寄付活動のプラットフォームを作ろうとした理由

従来からある寄付のシステムについて、色々な問題や疑念が上がっています。

従来からある寄付のシステム

例えば、下記のような理由で寄付をすることを、躊躇される方も多いのではないでしょうか。

  • どのように使われているのか不透明
  • 支援に使われず不正に使われている
  • 銀行経由だと手数料がかってしまう

寄付大国であるアメリカで行われたアンケート調査でも、自分のお金がどのように使われているのか気になっているという人が半数以上いることが明らかになっています。

こういった寄付への怪しさ、不透明さを解決して、正しい寄付文化を提案する為に立ち上がったのが、Fountain Connect(ファウンテン コネクト)です。

ちなみに、現在の世界全体の寄付市場規模は、現在5,000億ドル程度ということです。

Laylaが実現することによるメリット

プラットフォームの「Layla」や人工知能の「lo」によって、従来の寄付活動のデメリットが解消され、支援者はより安心して寄付ができるというわけです。

具体的には下記のようなデメリットが解消されます。

  • 監視されることで情報の改ざん、寄付金の不正利用を防ぐ
  • 寄付活動の進行具合などの情報が随時公開される
  • 寄付に関する不要な手数料が掛からない

ちなみに寄付活動での銀行手数料に消えていく金額は、年間約8億ドルにものぼるということで、手数料だけ見てもこのプロジェクトが実現した時の寄付活動に対する貢献度は高いのではないでしょうか。

3つのシステムにより活動への意識が向上

さらにLaylaでは、寄付活動への意識を高めるために、3つのシステム(機能)を採用する予定です。

投票システム

寄付金が集まると、通常は企画者の独断で支援が進行されていきますが、支援活動の進行を支援者たちの投票によって決めていくことができます。

この投票システムによって、「お金を出したのにその後の活動がわからない」という問題が解決でき、支援者の寄付活動への関心や透明性も高まります。

評価システム

成果の高いプロジェクトに参加することで、支援者は評価ポイントがもらえます

目に見える形で評価されるわけなので、寄付活動への意欲もより高めることができます。

トークンの配布

よりよいプロジェクトに寄付した人には、トークンが配られます。

トークンに関しては、さらなる支援の他に、色々な場面で使うことができる予定になっています。

Laylaによるプロジェクト(寄付活動)の流れ

Layla内で行われるプロジェクトの流れは下記のように進行していく予定です。

1.企画者がプロジェクトをLaylaへ申請

2.プロジェクトの寄付募集期間の開始

3.支援者はアカウントを作成後、トークンを購入しエスクローウォレットへ転送

4.募集希望額の80%でプロジェクト開始の決定。80%未満は支援者のウォレットへ返却

5.プロジェクトの開始

6.Ioがプロジェクトの進行度をチェック

7.プロジェクト期間中に継続の賛否を支援者が投票システムを使い判断

8.プロジェクト完了後に評価投票を行い、評価ポイントを支援者に付与

Laylaでの寄付活動の特徴

Laylaのプロジェクトの流れ

従来の寄付活動と大きく異なるのは、Layla内で人工知能「lo」が監視・管理するという点で、実現すれば、仮想通貨の仕組みをうまく寄付活動に融合させることができます。

いくつか特徴をまとめると以下のような感じです。

寄付金はウォレット内で管理

支援者は直接お金を渡すのではなく、専用トークンを購入して、各プロジェクトのウォレットに送るような形です。

仮にプロジェクトが希望額に達しなかった場合は、トークンを返してもらえます

また、希望額が集まったとしても企画者に全額支払われるわけではなく、進行に応じて必要な額だけが支払われる仕組みになっています。

ドローンを使った活動チェック

Ioを搭載するドローンで実際に活動されているのか、GPSで確認しながら現地の映像を自分の目で確認することができます。

支援者がプロジェクトの進行に参加できる

プロジェクトの進行状況はすべて情報公開され、望まれないプロジェクトに関しては投票システムによって反対することもできます。

支援者がプロジェクトの進行にまで参加できるというのは、とても画期的なシステムですね。

Fountain ConnectのICOの内容は?

Fountain ConnectのICOのスケジュールは以下の通りになります。

また、ステージごとに設定された目標金額に達すると、ボーナスをもらうことができます。

ステージ1(終了しました)
 開始日  2018年1月15日~
 目標金額1  500万ドルまでが15%のボーナス
 目標金額2  501~700万ドル達成で20%のボーナス
 目標金額3  701~850万ドル達成で25%のボーナス
 目標金額4  851~1000万ドル達成で30%のボーナス

ステージ1で、最低目標金額の400万ドルに15日間で到達しなかった場合は、最大20日間の期間延長を行い、それでも到達しなかった場合、事業は失敗として全ての資金は返却されます。

今はICOブームということもあって、希望額に達しないということはなさそうな気はします。ただ仮に最低目標金額に達しなかった場合に、資金が戻ってくるというのは、安心感がありますね。

ステージ2
開始日  2018年3月1日~
目標金額1  500万ドルまでが13%のボーナス
目標金額2  501~700万ドル達成で16%のボーナス
目標金額3  701~900万ドル達成で20%のボーナス
目標金額4   1250万ドル達成で25%のボーナス
ステージ3
開始日  2018年4月15日~
目標金額1  500万ドルまでが10%のボーナス
目標金額2  501~800万ドル達成で13%のボーナス
目標金額3  801~1200万ドル達成で16%のボーナス
目標金額4   1201~1750万ドル達成で20%のボーナス

資金調達額が多くなるほど、トークン購入者へのボーナスがアップする仕組みになっています。

ステージが早いほどボーナスの発生率が高く設定されていますので、早く参加する方がボーナスを受け取れる可能性が高くなります。

また、30%のボーナスを受け取れるチャンスはステージ1のみなので、買うつもりならステージ1からの参加がもっともお得に購入できます。

Fountain Connectのアカウント登録・購入方法

Fountain Connectのトークンを購入するには、まずはアカウントの登録を行って、ビットコインの送金手続きを行います。

最低購入額は、0.00025BTCからとなります。(3USD=1FTC)

仮に1BTCが200万円だとすると、日本円だと500円から参加ができるといことです。

かなり少額から参加できるという点も嬉しいですね。

ビットコインは取引所で購入してから送金しますので、まだ取引所の口座を開設していない場合は、先に済ませておきましょう。

関連記事ビットコインの買い方・購入方法は?お得に購入できる取引所を紹介

それでは、Fountain Connectの登録とトークンを購入する手順について、2018年1月15日にパソコンで行った際の手順をご紹介します。

※2018年1月15日以降に登録される場合は、手順などが異なっている場合もありますが、その点はご了承ください。

1.Fountain Connectの公式ページをクリックして、【事前登録受付中】をクリック。

Fountain Connectの公式ページ

2.メールアドレスを入力して【登録】をクリック。

メールアドレスの入力フォーム

3.本登録用の承認メールが届きますので、記載されているURLをクリック。

承認メール

4.下記のような画面になりましたら、氏名、生年月日、8文字以上の大文字・小文字を含めた英語と数字入りのパスワードを入力して、【登録】をクリック。

fountainconnecの登録画面

5.下記の画面が表示されれば、登録完了です。

fountainconnectのマイページ

6.次のトークンの購入方法です。【トークン購入】をクリック。

購入について

7.購入するビットコインの数値を入力して、【送信先アドレスを取得する】をクリック。

購入画面

8.ビットコインの送金先アドレスをコピーして、ウォレットなどから送金アドレス宛てにビットコインを送信してください。

一度発行、送金された送金先アドレスに追加での送金は行わないでください。その場合、2回目以降の送金が正常に受領されず、お客様の購入額に反映されません。

送金先アドレスを取得

これで購入手続きは完了です。あとは【トークン購入履歴】をクリックして、反映されるのをお待ちください。

私の場合、送金手続きをしてから、15分くらいで反映されました。

トークン購入履歴

Fountain Connectのプレセールはコチラ>>

Fountain Connectの気になった点

日本でいえばユニセフのような大きな支援団体に対抗するような形になると思いますが、中小の支援団体に参加してもらったとして、どのくらいのシェアが獲得できるのか。

あと、Laylaの知名度を上げるためには、マーケット部分が鍵になってくると思いますが、応援してくれる企業は存在するのか、この辺りが少し気になりました。

ただ、寄付活動の進行状況をドローンで確認できたり、支援者参加型のシステムのあるプラットフォームが実現できれば、ぜひ支援者として参加してみたいなと思いました。

まとめ

Fountain ConnectのICOに関しては、少額から参加でき、ボーナスも獲得できるチャンスがあるというのは嬉しいですね。

取引所への上場に関する情報は、ホワイトペーパーには書かれていませんでしたが、新たな分野のプラットフォームとして注目されれば、上場も期待できるかもしれません。

関連記事REGAIN(リゲイン)仮想通貨のICO最新情報|購入方法や上場は?

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

fountainconnect

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア