1. TOP
  2. ICO
  3. H&B Exchangeとは?アミューズメント性を兼ね備えた仮想通貨取引所!
line@

H&B Exchangeとは?アミューズメント性を兼ね備えた仮想通貨取引所!

 2018/09/09 ICO 取引所 この記事は約 8 分で読めます。

H&B Exchangeという海外の仮想通貨が2019年3月にオープン予定です。

H&B Exchangeのサービス内容をチェックしてみると、従来の仮想通貨取引所にはない、アミューズメント性の高いサービスを取り入れようとしており、とても魅力に感じました。

そこで今回は、H&B Exchangeとはどのような仮想通貨取引所なのか、公式サイトやホワイトペーパーなどから、僕の中で理解した内容についてまとめておきました。

スポンサーリンク

H&B Exchangeとは?

2019年3月に開設予定の香港を拠点とする仮想通貨取引所で、アジア圏を中心とした展開と拡大を目指しています。

取引手数料は、0.05%と一般的な取引所と比べてかなり安いです。

ちなみにBinanceの取引手数料は0.1%で、独自トークンのBNBを使うことで、0.05%まで割引されます。

つまりH&B Exchangeの取引手数料は、Binanceの割引された後の手数料と同じというわけです。

H&B Exchangeの特徴は?

セキュリティ

以下のようなセキュリティ対策を行います。

  • SSkシステムの適用
  • マルチサインインの採用
  • マルチシグ機能の採用

マルチシグというのは、3つの秘密鍵を登録し、ログイン時には最低2つの認証が必要となる機能です。

出金を行う場合、例えば登録したパソコン以外にスマホで出金申請の承認を行わないと、出金ができないようになっています。

上場予定のエアドロップがもらえる

エアドロップがもらえる取引所はいくつかあるのですが、僕が知っている限りでは取引所トークンを所持している人のみにしか、エアドロップは配布されません。

H&B Exchangeの場合は、ウォレットに登録をしておくだけで、上場予定の仮想通貨がエアドロップとして配布されるようです。

しかも2019年3月のオープンまでに、100の仮想通貨のエアドロップ配布を目標としていると書かれていたので、ちょっとワクワクしますね。

ウォレットの登録数に基づいて均等に分配されるようなので、もちろん少額でしょうけど、どれか一つか二つ当たりがでれば儲けものです。

毎月50の新しい暗号を追加する

2019年3月予定のオープン時には、以下の仮想通貨の上場が決定しています。

H&B Exchangeに上場予定の仮想通貨

上で書いたように、100の仮想通貨のエアドロップが実際に行われた場合は、オープン時に上場する仮想通貨はもっと増えている可能性がありそうです。

また毎月50の新しい仮想通貨を上場させていく予定ということで、オープン後もたくさんのエアドロップが期待できそうですね。

ギャンブルコンテンツが楽しめる

NeoSeed Corporationとの業務提携によって、取引所内でギャンブルコンテンツの提供が可能になるようです。

ギャンブルコンテンツの内容については、以下の動画で紹介されていますので、ある程度イメージできるかと思います。

例えば、カブトムシ同士のバトルでどちらが勝つかを賭けて当たれば賞金がもらえるというように、ブックメーカーのようなサービスなのかなと思います。

そして掛け金や賞金には、仮想通貨が使われるということで、取引所自体がこのようなサービスを融合させようとしていることには驚きましたが、とても面白い取り組みだと思います。

もしかすると、エアドロップで貰った仮想通貨を使って、キャンブルコンテンツが楽しめたりするかもしれませんね。

アジア圏の法定通貨が使える

アトムソリューションズ株式会社との業務提携により、フィリピン、香港、韓国の現金通貨で預け入れや引き出しが可能になりました。

使える予定の法定通貨は以下の通りで、法定通貨が使える仮想通貨取引所は少ないので、アジア圏での利用者拡大に大きく繋がっていきそうですね。

  • 香港
  • フィリピン
  • 韓国
  • 台湾

ちなみに、アトムソリューションズ株式会社は日本の会社で、エターナルコインという仮想通貨を発行しており、フィリピンや香港、韓国に取引所を開設しています。

またタイ、コスタリカにも取引所を開設予定ということなので、H&B Exchangeで新たに利用できる法定通貨が増えていくのかもしれませんね。

https://www.atpress.ne.jp/news/159531

ただ日本では、過去に以下のような行政処分を受けているようですが…。

http://kantou.mof.go.jp/rizai/pagekthp0130000001_00019.html

取引所トークンの発行

H&Bトークンという取引所トークを発行し、利用者に以下のようなメリットを提供していく予定となっています。

取引手数料の割引

H&Bトークンを使うことで、0.05%の取引手数料が0.02%で取引ができるようになります。

取引手数料利益による配当

毎週金曜日に、取引手数料の利益の85%をH&Bトークン保有量に応じて、配当として分配されます。

ギャンブルコンテンツ利益による配当

毎週金曜日に、ギャンブルコンテンツの利益の50%をH&Bトークン保有量に応じて、配当として分配されます。

H&BトークンのICOについて

H&BトークンのICO時の単価は、ビットコインの最小単位である1satです。

つまりH&Bトークンが上場時にICO割れする可能性は、BTC建て以外の取引が追加されない限りゼロだということです。

また、取引手数料は僕が知っている限りでは業界最安値ですし、ギャンブルコンテンツからの配当など取引所トークンとしての魅力も高いので、需要はそこそこあるんじゃないかなとは思っています。

ICOについては、Phase1~3までに期間が分かれていて、早い段階で購入するほど、たくさんのボーナスを特典としてもらうことができるシステムになっています。

Phase1
  • 2018年9月10日~2018年9月12日
  • ボーナス25%
Phase2
  • 2018年11月1日~2018年12月17日
  • ボーナス20%
Phase3
  • 2019年1月7日~2019年7月7日
  • ボーナス10%

H&B Exchangeの登録方法について

H&B ExchangeでICOへ参加したり、エアドロップをもらったりするのには、アカウントの登録が必要です。

アカウント登録の手順について解説します。

1.以下のリンクをクリックします。

H&B Exchangeの登録フォームはコチラ>>

 

2.登録フォームに以下の手順で入力します。

登録フォーム

①名前(tarou Yamada)

②メールアドレス

③パスワード(8文字以上の英数字が混ざったもの)

④再度パスワードを入力

⑤左に記載のコードを入力

⑥ボックスにチェック

⑦【Confirmation】をクリック

3.確認画面が表示されますので、【Send】をクリック

確認画面

4.登録したメールアドレスにメールが届きますので、認証アドレスをクリックすれば登録完了です。

認証メール

エアドロップについては、2019年3月のオープン時にメールが届くと思いますので、それまで待ちましょう。

ICOへの参加については、登録したメールアドレスとパスワードでログインすると、参加できるようになります。

まとめ

H&B Exchangeでは、僕が知っている仮想通貨取引所とはまったく異なるタイプのアミューズメント性を兼ね備えた取引所となっています。

それに加えて、エアドロップサービスや最安値の取引手数料など、取引所としての需要も高そうなので、かなり期待できるのかなと思いました。

関連記事SolideX取引所の特徴・登録方法は?MOOVERやUNIZONなどが上場予定!

関連記事bitTrust(ビットトラスト)仮想通貨取引所の特徴は?登録方法を図解入りで解説!

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア