1. TOP
  2. ICO
  3. Link Block(ICOプラットフォーム)は中国系案件が多数!取引所トークンも!
line@

Link Block(ICOプラットフォーム)は中国系案件が多数!取引所トークンも!

ICO この記事は約 7 分で読めます。
Link Block

話題の取引所トークン、できればトークンが上場する前に買っておきたいですよね。

今回ご紹介するのは、主に中国系の厳選されたICO案件を取り扱っているプラットフォームです。

期間限定でエアドロップを実施していて、中国系の取引所トークンに興味がある方は、チェックしてみてください。

まず注目ポイントは以下の通りです。

  • 主に中国系ICO案件(取引所トークン含)の購入できる
  • Link Blockの専門チームが精査した案件のみ
  • 2018年7月13日まで登録すると800LBのエアドロップ

※2018年7月11日時点の情報です。

スポンサーリンク

Link Blockとは?

2017年に発足された主に中国系のICO案件を取り扱う、ICOプラットフォームです。

ICOプラットフォームというのは、ICO案件を提供している場所で、信用できるICO案件の提供から購入までをトータル的にサポートしています。

厳選したICO案件を紹介

Link Blockの特徴

公式ページの内容を翻訳して確認してみると、どんなICO案件でも紹介するというわけではないようです。

世界中のICOプロジェクト情報を収集し続けているLink Block内の専門チームが、掲載予定のICO案件リストを総合的に精査します。

そして、信用ができると判断した案件のみが掲載されるという流れだと思います。

過去に紹介したICO案件

過去に紹介したICO案件

6月だけでも以下のように、たくさんのICO案件が登録されていて、最短で1~7日ほどで終了していました。

ETU、TAXA、newton、Chia Network、Cryptocurve、MXC、Perlin、Emotiq、0xcert、Certik、CVN、TDEx、Coineal、Thundertoken、HyperQuant、TTEX、piexgo、SZ、ivo、ONECHAIN、Fantom、GAMB、Kambria、Tolar HashNet、Fetch、DACC

Coineal、MXCなどの取引所トークンも先行購入できていたんですね。

会員になると割引あり

有料会員プラン

会員制度があり、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンド、スーパーメンバーと4種類あります。

料金は以下の通りです。

  • ゴールド:10ETH(1ETH=15000LB)
  • プラチナ:30ETH(1ETH=16000LB)
  • ダイヤモンド:50ETH(1ETH=18000LB)
  • スーパー:100ETH(1ETH=20000LB)

例えばゴールド会員であれば、10ETH必要ですが、代わりに独自トークンを1ETH=15000LB換算で、合計150000LBもらうことができます。

独自トークンの総発行枚数は10億LBで、取引所に上場後は取引所トークンのように、毎月の手数料収入の20%を買戻しをしてバーン(1億枚になるまで)するようです。

メンバー特典は各ランクによって異なりますが、ICO参加にかかる料金が割引されたり、限定のオファーなどを受けることができるようです。

Link Blockの登録方法は?

2018/7/13までに登録すると、LBという独自トークンが800LBもらえるキャンペーンを実施中です。

ちなみに招待リンク経由でないとLBのエアドロップがもらえないようです。

僕は登録前に翻訳機能のあるクロームに変更した時に、招待リンクが消えた状態で登録してしまい、エアドロップもらえませんでした(悲)

招待リンク踏んでると思っていたのに、完全に忘れていました。

とりあえず登録だけでも済ませておきましょう。

1.【公式ページ】にアクセスすると、登録フォームが表示されます。

英語に変えたい場合は、右上の【En】をクリックすると一部が英語に切り替わります。

Link Block公式サイト

2.登録は以下の手順で進めます。

登録フォーム

①メールアドレス

②8文字以上の大小文字の英字や数字を混ぜたパスワード

③再度パスワード

④【Get a graphic verification code】をクリック

⑤4文字の認証コードを入力

⑥登録メールに確認コードが送られてきますので入力

※1分以内に行う必要がありますが再度やり直しは可能です。

⑦ボックスにチェックを入れる

⑧【Register】をクリック

3.登録完了です。トップページに切り替わりますので、【Log in】からログインしてください。

トップページ

本人確認の申請

ログインして、画面右上の【Personal center】をクリックします。

Personal center

本人確認ページに切り替わりますので、以下の手順で進めてください。

本人確認ページ

①氏名(例:Tarou Yamada)

②パスポートの情報記載ページの画像

③パスポートの表紙の画像

④パスポートと【Link Block 日付】を書いた紙を持った自撮り画像

⑤パスポートの番号

⑥【Get a graphic verification code】をクリック

⑦4文字の認証コードを入力

⑧登録メールに確認コードが送られてきますので入力

※1分以内に行う必要がありますが、再度やり直しは可能です。

⑨【Certificate】をクリック

二段階認証の設定

左メニューの【click Information.google Verification】をクリックすると、QRコードが表示されます。

二段階認証

GoogleのAuthenticatorという二段階認証アプリで、QRコードを読み取ってコードを入力し、【確定】をクリックすれば設定完了です。

Google Authenticatorが入っていない方はコチラ

入金する方法

左メニューの【Digital token recharge】をクリックすると、ETH用の入金アドレスが表示されますので、取引所やウォレットなどから送金してください。

Digital token recharge

BTC用の入金アドレスもありますが、ICOはETHで購入しますので、ETHで入金した方が良いと思います。

ICOに参加する方法

トップページの【ICO In Progress】に表示されているのが、現在募集を行っているICO案件です。

ICO In Progress

開催しているICO案件をクリックすると、右側にフォームが表示されますので、以下の手順で進めてください。

ICO案件の購入について

①購入する量を入力

②右側の4ケタのコードを入力

③【I want to support】をクリック

 

まとめ

海外のICOプラットフォームは2つ登録したことがありますが、中国系の案件が中心のICOプラットフォームははじめてです。

今話題の取引所トークンは、中国系の取引所が多く、僕がLink Blockに登録した時も1件取引所トークンのICOが開催中でした。

最近は注目度が高い分、取引所トークンが上場した後だとリスクが高いので、良さそうな案件があればICOの段階で購入しておくといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

Link Block

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア