1. TOP
  2. ウォレット
  3. MetaMask(メタマスク)とは?登録方法から送金などの使い方を紹介
line@

MetaMask(メタマスク)とは?登録方法から送金などの使い方を紹介

 2018/02/20 ウォレット この記事は約 6 分で読めます。

イーサリアムのウォレット(財布)といえば、MEW(マイイーサウォレット)が有名ですよね。

MEWさえあればいいんじゃないの?と思っていたので、僕はMetaMaskを使っていませんでした。

でも、ICOによっては、「MetaMaskじゃないとダメ」という案件もあるようですし、DAppsでやってみたいゲームがあって、MetaMaskが必須らしいことから、今回導入することにしました。

スポンサーリンク

MetaMaskとは?

公式サイトなどを見て、僕の中で理解できた部分を簡単にまとめると、以下の通りです。

  • イーサリアムのウォレット
  • ブラウザのアプリとして使う
  • 新アドレスを簡単に生成できる
  • 複数アドレスを管理・ETH移動が簡単にできる
  • EtherDelta(イーサデルタ)取引所を使と便利

イーサリアムウォレットとして使う

MEWはウェブ上で使うのに対して、MetaMaskはChromeなどのブラウザアプリとして使います。

またMEWよりもMetaMaskの方が使い方が簡単で便利です。

複数のアドレスを簡単に生成できる

MEWでも複数のアドレスを生成できますが、結構管理が面倒だったりします。

でもMetaMaskだと、複数のアドレスが簡単に作れて、アドレスの切り替えもすぐにできるので便利です。

複数のアドレス同士でのETH移動も簡単にできます。

ただし、ETH以外のコインを単体で移動させることはできません

MetaMaskの登録の手順

1.Chromeというブラウザのアプリになりますので、Chromeが入っていない場合は、先にインストールしてください。

https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html

Firefox用のアドオンもあります。

https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/ether-metamask/

※スマホのchromeでは使えません。スマホで使いたい場合はFirefoxのアドオンを使いましょう。

ただし、拡張機能が使えるのはAndroid版のみなので、iPhone、iPad、iPod touchデバイスでは使えません

2.Chromeを立ち上げてから、【MetaMaskアプリページ】にアクセスすると、以下の画面が表示されますので、右上の【+CHROMEに追加】をクリックするとダウンロードされます。

MetaMaskアプリページ

3.ブラウザの右上に狐のアイコンが表示されますのでクリック。

狐のアイコン

4.以下のような画面が表示されましたら、【Accept】をクリック。

登録

5.規約ページが表示されますので、下にスクロールさせて【Accept】をクリック。

規約ページ

6.パスワードの設定画面が表示されますので、8文字以上のパスワードを設定して、【CREATE】をクリック。

セキュリティーを高める方法としてパスワードの文字を増やすのは大切なので、8文字と言わず、50文字以上の大小の英字や数字、記号を含めたものにする方がいいと思います。

パスワード生成は下記のページが便利です。

http://www.graviness.com/temp/pw_creator/

パスワードの設定画面

7.復元する際に使う12個の単語が表示されていますので、コピーして保管しておいてください。

復元する際に使う12個の単語

そのあとに【I’VE COPIED IT SOMEWHERE SAFE】をクリック。

※【SAVE SEED WORDS AS FILE】をクリックすると、復元用ファイルとして保存することもできます。

8.アカウント画面が表示されましたら、設定完了です。

新たなアドレスを作る方法

人のアイコンをクリックして【Create Account】をクリックするだけです。

新たなアドレスを作る

Account2が増えました。すごく簡単ですね。

アカウントが増えた画面

アカウント名を変更する方法

変更したいアカウントに切り替えてから、アカウント名にカーソルを合わせると、editと表示されます。

アカウント名を変更する

editをクリックすると、アカウント名の変更ができますので、変更後に【Save】をクリックすれば完了です。

アカウント名の変更

変更完了

MetaMaskから送金する手順

1.送りたいアカウントを選択してから【SEND】をクリック。

2.送金画面になりましたら、以下の手順で進めます。

①受取側のアドレスを入力

②送金する量を入力

③【NEXT】をクリック

3.確認画面が表示されますので、問題なければ、【SUBMIT】をクリック。

もしやり直したい場合は、【RESET】をクリック。

※Gas LimitやGas Priceは、自動で設定されますので、そのままで構いません。

ただし急いで送金したい場合は、増やしてください。

4.これでMetaMaskからの送金は完了です。

パスワードを変更する方法

最初16文字のパスワードにしていたのを、セキュリティーを高めるために、パスワードを変更しようと思ったのですが、どこから変更すればいいのかわかりませんでした。

調べてわかったので、パスワードの変更の手順についてもご紹介しておきます。

1.Chromeを立ち上げると、パスワード入力画面が表示されますので、【Restore from seed phrase】をクリック。

パスワードの入力画面

2.パスワードの再設定画面が表示されますので、以下の手順で進めます。

パスワードの再設定画面

①登録時に保存しておいた12の秘密単語を入力

②新しいパスワードを入力

③再度パスワードを入力

④【OK】をクリック

 

3.以下のように画面が表示されたら完了です。

アカウント画面

ただ僕の場合、人のアイコンをクリックしてみると、前に作ったアドレスが消えていました

前に作ったアドレスが消えていた

試しに【Create Account】をクリックすると、前のアドレスが復活しました。

前のアドレスが復活

ただ、もともとETHを入れていなかったウォレットだったので、どこまで復活するのかは確認できていません

なのでパスワードを変更する際は、自己責任でお願いします。

まとめ

MetaMaskを導入してみた感想としましては、確かにMEWよりも簡単で使いやすいですね。

今後はエアドロップなどの案件があった時も、MetaMaskのアドレスで申請するなど、積極的に活用して色々な発見をしていきたいと思います。

関連記事マイイーサウォレットの作り方&入金・送金など使い方を画像付で紹介

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア