1. TOP
  2. エアドロップ
  3. Refereum(リフェリウム)の仮想通貨とは?エアドロップに参加してみた。
line@

Refereum(リフェリウム)の仮想通貨とは?エアドロップに参加してみた。

エアドロップ この記事は約 4 分で読めます。

Refereum(リフェリウム)がエアドロップシーズン2を現在開催しているようです。

シーズン1は参加していなかったのですが、シーズン1に参加されていた方が実際にトークンをもらっているようなので、シーズン2に参加してみることにしました。

Refereumのことを知らない人向けに、どういったプロジェクトなのか、エアドロップの参加、ポイントの貯め方について、はまっちが実践した情報を元にまとめてご紹介しています。

Refereumとは?

Refereumとは、ゲーム会社とインフルエンサー(ゲーマー)やイベンターが直接やり取りができるプラットフォームです。

仲介して中抜きをしていた広告会社がいなくなるので、ゲーム会社は広告費の削減になり、インフルエンサーも報酬アップが期待できます。

Refereumのプラットフォーム

そしてRefereumで発行しているRFRトークンで、インフルエンサーたちの報酬や、eSportの賞金、そして一般消費者のゲーム購入の際に使われるようになります。

ゲーム関連のICOは注目度が高いのですが、Refereumは特に注目度が高く、ホワイトリスト登録者は15万人を超えていたとか。

注目され過ぎていることから、詐欺などのトラブル防止と、これだけたくさんのホワイトリスト登録者にトークンを販売したいとしてもわずかしか購入してもらえないことから、トークンセール自体が中止となったようです。

トークンセール前のプライベートセールみたいなので既に目標額には達しているのでしょう。

そこでお詫びの意味も込めてだと思いますが、エアドロップキャンペーンを実施しているというわけです。

Refereumのエアドロップ参加方法

1.【Refereumの公式ページ】にアクセスして、【SAVE MY POINT AND SIGN UP】をクリック。

Refereumの公式ページ

2.ボックスにチェックを入れて、左から【Discord】、【Twitch】、【Facebook】から登録すると、紐付されてRefereumにも登録されます。

signup

ただ、Refereumから直接ログインする場合は、あとでパスワード設定をする必要があります。

少し戸惑ったので、最初は一番右側のRefereumのアカウント登録から始めた方がいいかもしれません。

メールアドレスで紐づいている様なので、SNSの方も同じメールアドレスで登録しないと紐づけられないかもしれません。

その後で、Discordに登録、またはログインすると以下のような画面が表示されて、ユーザー名とメールアドレスにてRefereumに紐付されます。

紐づけ

3.以下のような画面が表示されたら登録完了です。

アカウント画面

4.上部メニューから、ゲームをダウンロードしたり、配信動画を見たり、SNSに参加するなどして、ポイントを稼いでいきましょう。

上部メニュー

5.それと、画面右上のアイコンをクリックすると、アカウント設定ページが表示されます。

アイコンをクリック

5.ETHアドレスの設定と見込み調査への回答ができます。後日ポイントがもらえるかも?しれません。

アカウント設定画面

 

とりあえず、ざっとSNSへの参加や紐付などをして、685ポイントまでいきました。

稼いだポイント

現在ブロンズというランクです。ポイントが貯まれば貯まるほどランクが上がり、トークンもたくさんもらえます。

ポイント

 

 

Twitchでの配信動画は、開いておくだけでポイントが貯まるようなので、とりあえず1000ポイントのシルバーランクを目指して頑張りたいと思います。

streams

Refereumへのエアドロップ参加はコチラ>>

まとめ

これだけ注目されているICO案件なので、上場後は価格の上昇も期待できそうですね。

関連記事WOTERで5ドル(500円)相当のエアドロップ!申請手順を画像つきで紹介

関連記事Abyss(アビス)のICOがDAICO採用で注目!登録&買い方を紹介

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア