1. TOP
  2. ICO
  3. REGAIN(リゲイン)仮想通貨のICO最新情報|購入方法や上場は?

REGAIN(リゲイン)仮想通貨のICO最新情報|購入方法や上場は?

 2017/12/08 ICO この記事は約 11 分で読めます。
regain

REGAIN(リゲイン)のICOクラウドセール第2弾(10,000REG)が、4月1日17時からスタートしました。

REGAINとはどのようなICO案件なのか、どのような事業を進めていこうとしているのかをホワイトペーパーを読んでみた内容や感想などを紹介しています。

また上場に関することや、トークンの購入方法、その他最新情報が入り次第ブログに配信していきます。

REGAINで行おうとしているプロジェクトとは?

結論からいうと、高性能なマイニングマシンを開発して、マイニングプール(マイニングを行っている企業やグループ)に提供。

マイニングで得られた利益を50:50に分けて収益を拡大させていき、マイニング業界のシェアを拡大していこうという事業です。

REGAINの事業

さらに、トークンを購入された方には、トークン取得数に応じて、REGAINが得た利益のうち60%を毎月分配してくれるというものです。

REGAINの利益配分

事業を始めようと思ったきっかけ

現状、マイニング作業を、特定のいちグループが約70%まで拡大し、事実上独占している状態です。

ビットコインは、ブロックチェーン技術によって、世界中のネットワーク上の複数のパソコンに分散して情報が管理されています。

仮にハッキングなどをされて情報を書き換えられたとしても、他の情報と整合性が取れない為に、すぐに不正が発覚されるという、とてもセキュリティーの高い仕組みです。

でも、マイニング作業を50%以上独占しているということは、仮に一斉にデータを改ざんされてしまうと、不正が見抜けなくなり、信頼性は一気になくなってしまいます

また、サービスや情報を操作することで、市場にも影響が出てしまう恐れがあります。

このように、いちグループがマイニングを独占して、自身の利益の為だけに利用をさせない為に、今回REGAINが事業を始めたというわけです。

REGAINの事業のすごい所は?

ハイスペックのマイニングマシン

REGAINのマイニングマシンは、計算能力の高さ、消費電力の削減、ファン強化に成功していて、現状トップクラスのマイニングマシンであること。

実際に、マイニングマシンのシェア率は、2016年が9.7%だったのに対して、2017年は19.7%10%も伸ばしています

マイニングマシンのシェア率

資金力のないマイニングプールでも参加できる

マイニングプールからすれば、マシンは提供してもらえるので、設備費や設置費、維持費などがかかりません

また、REGAINのマイニングマシンは一度設置すれば、遠隔操作で常にバージョンアップができるので、お互い無駄な人件費などもかからず効率的に利益を拡大することができます。

REGAINのマイニングマシンのシステム

REGAINのICOは?

ICOでREGトークンを発行して、資金調達が行われます。

REGトークンの最低購入数は、「0.00001REG」からです。

集められた資金の利用法は、マイニングマシンの開発費などシェアーを拡大する為に使われるようです。

REGトークンを購入することによるメリット

REGトークンを購入することによるメリットとしては、REGAINが得た利益の60%がトークン所有数に応じて毎月分配される点ですね。

マイニング市場の著しい変化が起きない限り半永久的に与えられると書かれています。

ビットコインを支える根幹のような部分なので、短期的に著しい変化が起こるというのはなさそうな気がしました。

ICO(クラウドセール)の期間は?

REGAINのセール日程と期間

クラウドセールは、4回に分けて実施されるようです。

他のICO案件だと早く資金調達をしたい為に、発行トークン数は最初に多く発行するパターンが多いですが、REGAINの場合は徐々に発行トークン数を増やしていくような形で好感が持てますね。

また、クラウドセール第2弾の開始中に、第1弾の配当が開始される予定なので、ちゃんと配当金が開始されないと、第2弾にも影響がでるわけなので、スケジュール面でも安心感がありました。

そして第4弾については、バージョンアップしたマイニングマシンが投入される予定で、配当金も約6割くらいアップします。

どうも第1弾~第3弾までREGトークンを購入された方に関しては、第4弾の購入の優先権がもらえるようです。

第1弾に参加後に、配当金がちゃんともらえているなら、第4弾は間違いなく買いでしょうから、購入優先権のことを考えてもやはり第1弾で購入するのが良さそうですね。

クラウドセール第1弾(終了しました)
  • 発行トークン:5,000REG
  • 価格:1REGトークン=4,000USドル
  • 期間:2017年12月15日~2018年02月01日
  • マイニングマシン稼働開始:2018年03月15日~
  • 配当開始:2018年04月15日~
クラウドセール第2弾
  • 発行トークン:10,000REG
  • 価格:1REGトークン=4,400USドル
  • 期間:2018年04月01日~2018年05月15日
  • マイニングマシン稼働開始:2018年07月01日~
  • 配当開始:2018年08月15日~
クラウドセール第3弾
  • 発行トークン:15,000REG
  • 価格:1REGトークン=5,200USドル
  • 期間:2018年07月01日~2018年08月15日
  • マイニングマシン稼働開始:2018年10月01日~
  • 配当開始:2018年11月15日~
クラウドセール第4弾
  • 発行トークン:35,000REG
  • 価格:1REGトークン=6,000USドル
  • 期間:2018年11月01日~2018年11月15日
  • マイニングマシン稼働開始:2019年01月01日~
  • 配当開始:2019年02月15日~

早く購入した方が安く購入できるような形になっていますね。

また配当が開始される時期が記載されており、その期間がグランドセール第一弾の開始から4ヶ月後なので、楽しみに待っていられるかなと思いました。

しかも毎月ですからね。これはワクワクしますね。

REGトークンの登録・購入方法は?

クラウドセール第2弾は、発行トークン数が10,000REGとなっています。

興味がある方は、事前にREGAINのアカウント登録だけでも済ませて、最新情報を受け取りましょう。

今回REGAINの登録を2017年12月22日にパソコンで行った手順をご紹介しておきます。

※2017年12月22日以降に登録をされる場合は、手順などが異なっている場合もありますが、その点はご了承ください。

まず準備しておくものとして、トークンを購入するには、BTC(ビットコイン)が必要になりますので、先に用意しておいてください。

関連記事ビットコインの買い方・購入方法は?お得に購入できる取引所を紹介

1.REGAIN公式サイトをクリックして、【クラウドセールに参加する】をクリック。

リゲイン公式サイト

2.REGAINの新規会員登録フォームが表示されますので、メールアドレスを入力して【登録】をクリック。

REGAINの新規会員登録フォーム

3.本登録用の承認メールが届きますので、記載されているURLをクリック。

4.下記のような画面になりましたら、名前と生年月日、パスワードを入力して【登録】をクリック。

REGAINの新規会員登録画面

※パスワードは不正ログインがされないように、英数字など混ぜておきましょう。

5.REGAINのマイページが表示されたら、登録は完了です。

REGAINのマイページ

6.トップページから、【トークンを購入する】をクリック。

トークンを購入する

7.購入するビットコインの数値を入力して、【送信先アドレスを取得する】をクリック。

ビットコインの数値を入力

8.ビットコインの送金先アドレスをコピーして、ビットコインを送信してください。

一度発行、送金された送金先アドレスに追加での送金は行わないでください。その場合、2回目以降の送金が正常に受領されず、お客様の購入額に反映されません。

ビットコインの送金先アドレス

9.【トークン購入履歴】をクリックして、下記のような画面が表示されましたら購入完了です。

トークン購入履歴

今回、BTCの送金自体が詰まりやすい状態の中でのプレセール初日ということで、サイトに反映されたのは2日後でした。

REGAINのクラウドセールへの参加はこちら>>

REGAINの上場時期は?

REGAINの上場時期についてはホワイトペーパーには記載されていませんでした。

また情報が入りましたら、こちらにも書かせて頂きます。

ただ、REGAINに関しては、配当が魅力的なので、投機目的というよりも、中長期目的で購入される方の方が多いような気がしました。

購入後にやっておきたい事

REGAINのICOに参加された方は、不正にログインされないように2段階認証を行いましょう。

2段階認証のやり方

1.ログイン後に左メニューの【マイアカウント】をクリック。

リゲインのマイアカウント

2.メニュータブから【2段階認証】をクリック。

2段階認証ページへ

3.2段階認証のページに進みましたら、下記の順番に進めます。

2段階認証ページ

1.Google Authenticatorのアプリが入っていない場合は、ダウンロードします。

2.Google AuthenticatorでQRコードを読み込みます。

QRコードの読み取り方は、上部の【+】をクリックすると、下部に【バーコードをスキャン】というメニューが表示されますのでそちらをクリックすると、読み込めるようになります。

Google Authenticatorの画面

3.Google Authenticatorに表示された6桁の認証コードを入力し、【2段階認証を有効にする】をクリック。

Google Authenticatorの認証コード

 

4.下記のように、設定済みと表示されれば完了です。

2段階認証設済み

本人確認については、連絡が来てからでもいいかもしれませんが、約4ヶ月後から配当が開始されるので、早めに申請を済ませておくといいかもしれません。

本人確認のやり方

1.メニュータブから【KYアップロード】をクリック。

本人確認申請ページへ

2.下にスクロールさせると下記のような画面が表示されます。

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどの画像を選択して、【アップロード】をクリック。

本人確認書類をアップロード

3.申請から2日かからない内に、審査完了のメールが届き、ページにも反映されていました。

本人確認完了

REGAINの配当金の受け取り開始!

2018年4月15日よりステージ1の方は、配当の受け取りが可能になりました。

今後は、毎月月末締め→翌月15日反映となる予定です。

メニューに【配当管理】が追加されています。

配当管理

クリックすると現在の残高と配当履歴が表示さます。

残高と配当履歴

配当を引き出す手順

1.メニューの【配当引き出し】をクリックします。

2.送金申請フォームが表示されますので、自分のウォレットなどの送金先のアドレスと、送金量入力して、【送金申請を行う】をクリックすれば申請完了です。

送金申請フォーム

引き出しの条件について

最低送金可能額は0.002BTCからになります。

引き出す際に以下の手数料が必要になります。

  • 事務手数料:0.001BTC
  • 送金手数料:0.5%(変動する可能性があります)

例えば、1BTCの時価が1,000,000円の時に、0.1BTCを引き出す場合、日本円に換算すると、以下の手数料が必要になります。

  • 事務手数料:1,000円
  • 送金手数料:500円(変動する可能性があります)

1回引き出すのに、合計1,500円の引き出し手数料がかかる計算になります。

 

まとめ

REGAINに関しては、ICOで資金を集めて、マイニングマシンを一から作っていくわけではありません。

マイニングマシンのシェア率は2016年よりも10%上がっているという、既に実績がある中でのICO案件なので、かなり現実味があるんじゃないかなと、とてもワクワクしています。

しかも、配当金がもらえるということで、購入者が多いかもしれませんね。

私は今回はかなり大きめに購入予定です。

もちろん、計画通りうまく行かない可能性もあります。ICOに関してはどの案件もそういったリスクがある上で投資するわけなので、よく考えて判断してみてください。

関連記事MOOVER(ムーバー)仮想通貨のICO最新情報|購入方法や上場は?

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

regain

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア