1. TOP
  2. 取引所
  3. zaif(ザイフ)口座開設の手順&本人確認の方法
line@

zaif(ザイフ)口座開設の手順&本人確認の方法

 2017/12/05 取引所 この記事は約 4 分で読めます。

zaif(ザイフ)の口座を開設する際の手順について、わかりやすく解説しています。

また、口座開設の際に必要になってくる本人確認の書類に関しても、個人、法人でどのような違いがあるのか、2段階認証のやり方について、ご紹介しています。

zaifの口座開設の手順

ではzaifのパソコンでの口座開設のやり方についてご紹介していきます。

※2017年12月5日時点でも登録手順となります。

1.zaifの公式サイトより、【無料登録はコチラ】をクリック。

zaifのトップページ

2.メールアドレスを入力して【登録】をクリック。

メールアドレス入力フォーム

3.入力されたアドレスに確認メールが送られてきますので、メールに記載のURLをクリック。

4.下記のような画面になりましたら、利用規約、重要事項説明を読んでから、チェックボックスにチェックを入れます。

次に、不正ログインされないように、英数字や記号などを含めた8文字以上のパスワードを入力し、【同意して登録】をクリック。

パスワードを自動で作成してくれるサイト

ユーザー登録

5.下記のような画面が表示されましたら、最初に登録をしたメールアドレスと、4で設定したパスワードを入力して【ログイン】をクリック。

ログイン画面

6.画面上部の【本人確認が完了していません。入出金や取引を行うには本人確認が必要です。】をクリック。

ログイン後の画面

7.ユーザー情報登録画面が表示されますので、氏名や住所、電話番号など必要項目を入力して【次へ】をクリック。

ユーザー情報登録画面

8.SMSを受け取る為に携帯電話の番号を入力して【次へ】をクリック。

携帯番号の入力フォーム

9.SMSに認証コードが送られてきますので、認証コードを入力して【次へ】をクリック。

SMSの認証コード入力フォーム

10.運転免許書やパスポートなどの本人確認書類を添付して【アップロード】し、【本人確認の申請をする】をクリック。

本人確認書類のアップロード画面

個人の場合

以下のいずれかの顔写真のある書類1点

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート及びビザ
  • 在留カード

上記の本人確認書類がない場合は、以下の2点の組み合わせで申請が可能です。

公的証明書(健康保険証、住民票など)+ 公共料金の明細書(電気・ガス・水道料金、携帯電話・固定電話の請求書)

※ 健康保険証に関しては、住居の記載があるもの

※ 公共料金の明細書に関しては、氏名・住所・発行日が確認できるもの

※ 有効期限のない書類に関しては、発行から3ヶ月以内の書類のみ有効

法人の場合

法人の登記事項証明書と、個人の場合と同様に本人確認書類が必要です。

 

11.ユーザー情報登録完了ページが表示されましたら、【閉じる】をクリック。

ユーザー情報登録完了ページ

2017年12月5日 09時38分に送付完了。

12.承認が完了されますと、本人確認コードが記載されている郵送物が送られてきます。

zaifから届いたハガキ

お手元に届きましたら、zaifにログインして、【郵便による本人確認】をクリック。

本人確認状況

本人確認コードを入力して、【本人確認コードを送信】をクリックすれば口座開設完了です。

本人確認コード入力ページ

zaifの公式サイトはコチラ>>

まとめ

現在(2017年12月時点)、口座開設が増えているということで、本人確認までに2週間くらいかかると記載されていました。

実際にハガキが送られてきたのが、2017年12月15日でしたので、10日かかりました。

zaifで口座開設をしたいと思っている方は、早めに申し込みをしておきましょう。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初心者でもわかる!はまっちの仮想通貨・ICO生活ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア